ここから本文です。

現在のページ

子どもを育む地域の皆様(1月10日)

本年もよろしくお願いいたします。
冬休みもあと1週間ほどとなりましたが、皆さんお変わりございませんか。

今日は、「おてらでごはん」がありました。
学期末に案内プリントが配付されましたので皆さんご存じかと思います。
地域の方々による実行委員会が主催していて、今年度4回目(5回目?)の開催です。

子どもたち30名位が参加していて、久々に元気な顔を見ました。
毎回なのですが、ご飯の時間の前にイベントがあります。
今回は、手話体験を行いました。

1月10日1

1月10日2

曲「小さな世界」の歌詞を、手話で”歌って”います。
何回か繰り返すと、子どもたちはどんどん覚えていきます。

ご飯の時間になりました。

1月10日3

1月10日4

鶏肉のフライ、ジャガイモ、野菜、漬物、そして野菜やベーコンの入ったポトフです。
とてもおいしかったです。お代わりしていた子も多数。

ありがたいと思うことが二つあります。

今日、子どもたちの参加は30名ほどですが、調理や会の進行などでかかわっていた方は20名近くいらしたと思います。毎回、そのくらい多くの方々が協力をしてくださっていることはありがたいと思います。また、大学生や高校生といった若い方もお手伝いをしてくださっていて、素晴らしいなあと思います。

そして、今日、食事の前に紹介があったのですが、地域からの食材などの寄贈がいろいろとあり、この事業を支えていることです。お米や野菜をくださる農家さん、ベーコンやお肉をくださる専門店さん、調理で使う用品をくださるコンビニ店さん、会場を提供するお寺、…。子どもたちの参加は有料ですが、参加費のみで出来るとは思えないメニューです。

運営の皆様大変お疲れさまでした。
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る