ここから本文です。

現在のページ

合同で体力テスト(6月15日)

昨日から読書週間が始まっています。
図書館は結構な賑わい。貸出カウンターに人が途切れません。

6月15日1

本を借りると、「しおり」がもらえるキャンペーン中です。本を借りる子を増やすための図書委員会の活動です。
写真わかりづらいですが、貸し出す本に図書委員がしおりを載せて渡すところです。

6月15日2

今日は水曜日で、もこ もこもこさんの読み聞かせもありました。
図書委員会の児童、司書さん、もこもこさん、しおりづくり作業(今も増産中)に関わる職員など、読書活動を広げるために多くの人々が活動しています。

体育館で中休み、ドッジビーで遊ぶ子たちです。明日からは、耐震工事のため体育館が使えなくなります。

6月15日3

さて、タイトルの話題です。
 ※本校HPの「小中一貫教育」にも、記事を載せています。ご覧ください。
今日、5年生は中学校2年生と合同で、体力テストを行いました。
写真は2枚とも、立ち幅跳びの様子です。

6月15日4  6月15日5

見本を示したり、試技の順番を決めたりなど、中学生はやっぱりリーダーでした。

立ち幅跳びについて、中学校体育の先生から、姿勢と動きのアドバイス(科学的です)がありました。子どもたちが、”~~伸びて~~縮んで~~”と、すぐに試してみたくなるようなお話でした。

小5はもちろん、中2の生徒さんも頑張ってテストに取り組んでいました。

そして校内でもテストは続いています。種目がいっぱいあるのです。
6年生、50m走。

6月15日6

このHPの4月21日などで、6年生が走る様子を紹介していますが、その時は運動会のために100m走のタイムを計ったそうです。
そして、今回50m走のタイムを計りましたが、100mの順位とは同じにならないそうで、”短いと速い!””長いと速い!” 子がいるそうです。
 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る