ここから本文です。

現在のページ

あかげら学級国語科授業(参観)(3月3日)

今日の紹介は、あかげら学級国語科「できるようになったことを発表しよう」です。

あかげら1

国語科の時間に行っていますが、作文や資料による発表ではなく、実際にやって見せる形です。
まずは教科の学習。「自分の勉強をがんばる」ということで、国語や算数のドリル課題に取り組みます。
写真は、学習中の様子です。

あかげら2  あかげら3

あかげら4  あかげら5

あかげら6  あかげら7

無言でドリルを進める子、質問をする子、漢和辞典を使って読みを調べる子、などさまざまですが、みんながんばっていました。

続いて、あかげら学級のみんなで、できるようになったことです。

その1、ハンドベルの合奏

あかげら8  あかげら9

「オーラ リー」という曲(曲名は知りませんでしたが、よく耳にする曲でした)を、全員で合奏しました。上の写真で、ハンドベルを持たず机の上に置いている子がいますが、このベルは振るだけでなく、グリップを上から押しても鳴るので、押して演奏しています。

その2、長なわとび

長なわとびです。一人何十回もとんでいました。

あかげら10  あかげら11

あかげら12  あかげら13

あかげら14  あかげら15

発表を終え、子どもたちは感想を発表しました。
 ハンドベル:・きれいな音を出すよう、みんなで協力してがんばった
 大なわとび:
 ・60回くらいできたらいいなと思っていた
 ・200回をめざしていた
 ・疲れたと思うけどみんながんばった
 ・片足でとべた
 ・もっととべたと思う
 ・みんなちょっと引っかかったりしたけど、がんばったからよかった

一人一人の努力の様子と、学級みんなでの一体感の両方が見られた授業でした。

以上、あかげら学級バーチャル参観でした。


 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る