ここから本文です。

現在のページ

故郷を知る、愛する(5月14日)

今日、1・2年生合同で、運動会で披露する「新広島音頭」の練習をしました。昨年踊っている2年生はもちろん、1年生も今まで練習し、一通り踊れるようになりました。
今日も、元気な踊りを見せていました。

子ども同士で踊りを見合い、良いところを見つけています。

5月14日1  5月14日2

この「新広島音頭」の大本として、北広島ゆかりの「広島音頭」があります。本校では「広島音頭」は踊っていませんが、「新広島音頭」はずっと続いています。

踊りを教える理由の一つに、「郷土愛を育てる」ことがあります。
郷土愛は、郷土発展のためになりますが、それだけではなく、自分の暮らす街に興味関心を持ち、街を愛し、守ろうとするという気持ちをすべての人が持てたならば、例えば”環境問題”はかなり解決するのではないかと思います。

今日は「体育」の教科で学習していますが、郷土について学ぶことは、教科にとどまらない、大きな意味があります。
 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る