ここから本文です。

現在のページ

学校における働き方改革

 北海道教育委員会では、道内の全ての学校において働き方改革を行うため、取組の方向性を示した「学校における働き方改革『北海道アクション・プラン』」を平成30年3月に策定しました。
 

 超過勤務時間を 1か月で45時間以内、1年間で360時間以内とすることを目標とし、期間は今年度末までとされています。
 
 主な取り組み項目は以下の通りです。


action1】 本来担うべき業務に専念できる環境の整備

 ・「チーム学校」の実現に向けた専門スタッフ等の配置促進

  (部活動指導員、スクール・サポート・スタッフ等の配置促進)

 ・校務支援システムの導入促進

 ・地域との協働の推進による学校を応援・支援する体制づくりの推進(コミュニティ・スクール等)
  など

 

action2】 部活動指導にかかわる負担の軽減

 ・部活動休養日等の完全実施

 ・中体連、高体連、高文連、各競技団体との連携・協力等

 ・学校規模に応じた部活動数の適正化等  など


action3】 勤務時間を意識した働き方の推進と学校運営体制の充実

 ・長期休業期間中における「学校閉庁日」の設定

 ・留守番電話やメールによる連絡対応等

 ・民間ノウハウの活用  など


action4】 教育委員会による学校サポート体制の充実

 ・調査業務等の見直し

 ・教育課程の編成・実施に関する指導助言

 ・研修の精選・見直しと働き方に関する研修の充実  など

  
   これに基づき、本校においても職員の働き方改革を進めております。
 ご理解とご協力をお願いします。

 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る