北広島市立大曲中学校 ここから本文です。

印刷する

「つくる」という事~実習のようす~

1年生の技術科と家庭科の授業風景です。
コロナ禍で行えなかった実習授業が行われており、通常の授業風景に戻りつつあることを実感します。

技術では、卓上に置く収納するものを、自分でデザインを考え木材を加工し作ることをしています。
ああああ
まっすぐ線を引く、のこぎりを使ってまっすぐ板を切る。完成まで丁寧な仕事が求められています。

家庭科では、「わかめの味噌汁」をつくる実習です。
昆布とかつおぶしで出汁をとり、油揚げとわかめを入れ、最後に味噌を溶くという工程で進めていきます。ああああ
さあ、調理のポイントを守って美味しいお味噌汁が出来たでしょうか!?

普段、みんなが使っているものや食べているものは、たくさんの工程を経ています。
自分でつくったものは、大切に使ってほしいですし、自分で作った料理だからこそしっかり味わっていただいてほしいと思います。
ページの先頭へ戻る