ここから本文です。

現在のページ

箏(こと)にふれて

学習指導要領には「3学年間を通じて1種類以上の和楽器を取り扱い、その表現活動を通して、生徒が我が国や郷土の伝統音楽のよさを味わい、愛着をもつことができるよう工夫すること」とあります。北広島市では箏(こと)を選択しています。
本校では講師の先生をお招きして、1年生の音楽で取り組んでいます。
脱いだ靴をそろえて正座をし、背筋と気持ちをピッと伸ばすところから始まります。
はじめはおっかなびっくりでしたが、爪にも慣れ、弾き方も様になってきましたね。
もう一回くらい、触りたいですね。

あいう
えお
 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る