ここから本文です。

現在のページ

命の尊さを学ぶ~被爆体験伝承者講話~


 本日、1年生の学年道徳が行われました。広島県から講師として甲斐晶子様をお招きし、お話しを聞きました。
 内容は「戦争とは、原爆とは」「平和になるためには」でした。ステージ上にあるスクリーンに映し出される写真や絵などを見ながら、約50分の講話でした。生徒たちは話にうなずきながら、真剣に聴いていました。
 生徒から「私たちに今、できることは何ですか」との質問も出てきました。身近なところから「平和」を考える機会となることを願いたいものです。

a a
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る