ここから本文です。

現在のページ

学校教育指導で研究授業

学校教育指導(指導主事訪問)で研究授業を行いました!          

 9月25日(金)、石狩教育局と北広島市教委の指導主事が学校を訪問し、生徒のようすや授業の進め方などを参観していきました。
 本校では、小中一貫教育の一環として西の里小学校と研修主題を合わせて、「わかる はなす みにつく」授業づくりに取り組んでいますが、その研究方法や内容についての指導やアドバイスをいただきました。
 2校時には全学級の授業を、3校時には特設として1年A組国語(國分教諭)の授業を観
ていただきました。自分が選んだ絵画に対する「講評」を作文する授業でしたが、「どんな魅力があるか?」「その魅力の根拠は?」「まとめの表現をどうするか?」などの視点を自分なりに考え、グループで紹介・批評し合いながら生徒たちは真剣に取り組んでいました。
 国語の授業ばかりでなく、その前に観ていただいた授業全体に関しても「西の里中の生徒の聞く姿勢のよさ」や「研究内容に沿い、ICTを活用するなどして授業をつくっていく先生方の頑張り」を指摘していただきました。

  た  ち  







 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る