ここから本文です。

現在のページ

「わかる はなす みにつく」授業の実践(学校教育指導)

「わかる はなす みにつく」授業の実践をしました!            


 11月18日(月)の午前中、石狩教育局と市教委の指導主事が来校し、本校の校内研究・授業実践に対する「教育指導」が行われました。今年度2回目の「教育指導(指導主
事訪問)」で、2校時は全学級の授業を短時間ずつ見ていただき、3校時には1年C組の
国語の授業を特設という形で参観していただきました。
 さらに、小中一貫教育の取り組みとして西の里小学校と校内研究のテーマを一つにし、「わかる はなす みにつく」授業づくりを実践していくことになっています(来年度、
小中一貫教育をテーマに石狩管内教育研究会および北広島市教育研究会の学校課題研究発
表をすることにもなっています。)ので、西の里小学校の先生方や石教研・広教研の指導
員も授業参観に加わりました。本校の空き時間の先生も授業を参観しました。
 生徒たちは、文章を読んで主人公の行動の理由を当時の社会情勢とからめて考え、グル
ープで話し合い、全体で確認・解決するという授業の流れに沿って一生懸命取り組んでい
ました。

 4校時には、上記の先生方が集まり、授業についての話し合いを行い、研究の進め方に
ついて指導主事たちから指導助言をいただきました。


 ぬ   ね   


 は
 
 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る