ここから本文です。

現在のページ

里小の児童会選挙

西の里小学校の児童会役員選挙は、学級で代表候補を擁立して学級で選挙運動を取り組む形式では、ありません。
これまでの児童会活動の経験や参加体験を踏まえ立候補希望者が、自律的・主体的に立候補できる制度です。
学級から複数の候補者がでることも認めまています。
学級から候補者がでないことも認めています。
ただし、責任者なしでは立候補できません。

いくつかの確認事項を紹介します。

(1)責任者は、候補者が自ら本人に依頼し設定します。

(2)責任者の役割は次の3点です。
①「立候補者・責任者・選挙管理委員会」合同会議への参加。
②ポスター作成の手伝い。
③選挙集会時に立候補者の演説の時に横でポスターを持って掲示。
(3)立候補者が、選挙について疑問がある場合は、その本人が所属する学級の選挙管理委員に依頼し、選挙管理委員が、児童会担当教師に質問する形式です。

(4)担任教師は、演説文のチェックは、一切行わないで立候補者が自力で行うよう指導します。
 ※ただし、担任教師は、立候補者の公約が実現可能なものとなるよう適切な助言を行うものとされています。
 
(5)公認ポスターは2枚。玄関前掲示用と選挙集会手持ち用。

(6)「たすき」「ハチマキ」などの応援グッズの作成は行わない。

(7)投票は、学年ごとに選挙集会を行い、同学年のみで行う。
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る