ここから本文です。

現在のページ

児童の学習用具の持ち運びについて H30.12.18

寒気の候、保護者の皆様にはますますご健勝のことと拝察いたします。また、日頃より本校の教育活動へご理解とご協力をいただきまして感謝申し上げます。

さて、児童が毎日携行する学習用具等が過重になることで、身体の健やかな発達に影響が生じかねないといった懸念や通学時の危険性などが昨今心配されています。

本校では、これまでも重い荷物が重ならないように時間割を工夫したり、学期末などは計画的に用具を持ち帰らせたりしていましたが、今後、更に以下のような配慮をしていくことで児童の負担を軽減していきます。

なお、この取り組みは3学期から始めます。ご理解の上、ご承知おきください。

1 学校で保管する教科書等

1年生…書写生活道徳夢ノート
2年生…書写生活道徳夢ノート
3年生…書写道徳社会科副読本英語夢ノート
4年生…書写道徳、社会科副読本、地図帳、英語夢ノート
5年生…書写道徳社会科資料集地図帳英語夢ノート
6年生…書写、道徳、社会科資料集、地図帳、英語夢ノート
ひまわり…個人に合わせて対応します
※ これらのものは、持ち帰らず学校で保管します。
※ 家庭学習で使用する場合は、持ち帰ることができます。

2 その他、教室等で保管しているもの

体育帽子とびなわ鍵盤ハーモニカリコーダー算数セットクレヨン漢字スキル、クーピーのりセロテープはさみ粘土粘土板探検バッグ 等

※ 学年によって保管しているものは異なります。

3 その他

○鍵盤ハーモニカやリコーダーは練習のために家庭で使用する場合は、必要に応じて持ち帰ります。

○絵の具、習字道具、裁縫道具は使用する日に持ってきて、使用後は持ち帰ります。

○給食用エプロンと三角巾は週末に持ち帰ります。

○やむを得ず学習道具が多くなる場合は、数日に分けて持ってきてよいこととします。

○夏休みや冬休み、春休み前は持ち帰るものが多くなるため、数日に分けて計画的に持ち帰らせます。

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る