ここから本文です。

現在のページ

冬休みの過ごし方

楽しい冬休みが始まります。子どもたちは学校での規則的(きそくてき)な集団生活から(はな)れ、各家庭で自主的(じしゅてき)な学習や生活に取り組むとになります。
 

有意義(ゆういぎ)な冬休みを過ごすためには、各自にあっためあてをはっきり持って、無理のない計画をたて、やりとげた(よろこ)びが持てることが大切です。

休み中は自由な時間が十分ありますから、ふだん経験(けいけん)できないようなことをたくさん体験(たいけん)させてほしいと思います。
また、子どもたちは、家庭や地域(ちいき)で過ごすことになります。家族との()れ合いや地域(ちいき)社会(しゃかい)自然(しぜん)等、いろいろな場面で数多くの体験(たいけん)ができるような生活をさせてほしいと思います。また、休み中は、体がなまりやすいもの。里小コーデや縄跳(なわと)び・スキーなども行わせながら、体力の維持(いじ)増進(ぞうしん)に心がけてください。
 

学習のとりくみ

毎日(まいにち)きまった時刻(じこく)学習(がくしゅう)しましょう。

計画的(けいかくてき)学習(がくしゅう)をするようにしましょう。

読書(どくしょ)野外(やがい)活動(かつどう)大切(たいせつ)にしましょう。


学習(がくしゅう)(れい)学期(がっき)復習(ふくしゅう)漢字(かんじ)練習(れんしゅう)計算(けいさん)練習(れんしゅう)など

      ~()日記(にっき)旅行記(りょこうき)体験記(たいけんき)実験(じっけん)記録(きろく)継続(けいぞく)観察(かんさつ)観測(かんそく)記録(きろく)標本(ひょうほん)

       工作(こうさく)家庭科(かていか)作品(さくひん)、など

外に出る時のやくそく

()かけるときは、(いえ)の人に、「どこへ行くか」「目的(もくてき)」「帰る(かえる)時刻(じこく)」「(だれ)と行くか」を知らせましょう。

使(つか)わないお金は、持ち歩(もちある)かないようにしましょう。

()らない人に(さそ)われても、ついて行かないようにしましょう。

午後(ごご)()までに(いえ)(はい)りましょう。

・子どもだけで外出(がいしゅつ)するときは、保護者(ほごしゃ)のゆるしを()て、約束(やくそく)(まも)って出かけましょう。

・1~3年生だけで、校区(こうく)(がい)に行かないようにしましょう。

・子どもだけで市外(しがい)に行かないようにしましょう。

用事(ようじ)がないときは、お(みせ)(はい)らないようにしましょう。

()()()()


 

遊ぶときのやくそく

)

道路(どうろ)(あそ)ばないようにしましょう。

道路(どうろ)()かってスキーやソリですべらないようにしましょう。   

・のき下で(あそ)ばないようにしましょう。

危険(きけん)場所(ばしょ)へ行かないようにしましょう。
 

交通安全のやくそく

歩道のないところは右側(みぎがわ)(ある)きましょう。

 (雪が積っているときは、特に注意しましょう。)

信号(しんごう)(あお)になっても、もう一度(いちど)たしかめてからわたりましょう。

 (雪でふみかためられてかたくなっているところ~アイスバーンでは、気をつけましょう。)

横断(おうだん)歩道(ほどう)の近くでは、かならず横断(おうだん)歩道(ほどう)をわたりましょう。
 

その他のやくそく

・「冬休(ふゆやす)みの計画表(けいかくひょう)をつくり、きそく(ただ)しい生活(せいかつ)をしましょう。

入院(にゅういん)したり、事故(じこ)にあったりしたときは、学校(がっこう)連絡(れんらく)しましょう。

()()()

「 校外生活のきまり」を守りましょう

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る