ここから本文です。

現在のページ

雨の降る日に・・・

雨の降る日は濡れた雨具とランドセルと玄関ホールの床を拭きましょう

12
34

6月13日。今日は雨。雨天の日は、登校時の児童のカバンも、傘から、はみ出てしまい、一部、濡れています。傘をさせない低学年の児童は、当然、カッパも濡れて登校しています。
 
挨拶運動の書記局役員が、登校してきた児童の濡れたカッパとランドセルを拭いてあげています。また、玄関ホールでは、他の役員がモップで濡れた床面を拭いていました。
 
「ランドセル、拭いていいですか?」
「お願いします。」
 
そんな会話をしながら、雨の日の一日がスタートします。
 
児童会の総会議案にも、書かれていない行いですが、里小児童会では、代々、続いている小さな親切・善行です。
 
児童にとっては、あまりにも普通のことでしょうが、この小さな普通の積み重ねが、いじめが入り込まない笑顔があふれる西の里小学校になる基盤となります。
 

 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る