ここから本文です。

現在のページ

いじめ防止のとりくみ

いじめ防止・いじめ対策について西の里小学校のとりくみを紹介します。
 

新着情報

6/13 小さな親切運動の日 天候:雨

雨の朝は、児童会書記局の児童の皆さんが、登校する児童のランドセルや雨具を拭いています。
 

6/11 生活目標は各教室と廊下に掲示されています。

生活目標の取組について紹介します。最下段になりますが確認してください。
 

いじめ防止基本方針

はじめに

平成25年9月に施行された「いじめ防止対策推進法」に基づき、国の「いじめ防止等のための基本的な方針」が示されて3年が経過し、必要な措置を講ずるとされていることから、平成29年3月基本的な方針の改定が実施された。

これを受け、北海道においては「北海道いじめの防止等に関する条例」に基づき基本方針の改定作業が行われ、北広島市においても「北広島市いじめ防止基本方針」が改定された。

これらを受け、本校においても「西の里小学校いじめ防止基本方針」を見直し、いじめの未然防止と早期発見、早期解決により一層努めていく。
 

1 児童会の活動

2019年度児童会前期のスローガン「笑顔あふれる 元気な里小へ」

2019年度児童会前期のスローガンを伝える書記局だよりから、その趣旨を抜粋して紹介すると「笑顔であいさつしている人や元気にあいさつをしている人が、今よりも多くなってほしい!」として、子ども達が自ら明るい環境づくりに努め、いじめを乗り越えようとする気概を感じることができます。

児童の自主的自律的な取組を支えて、いじめのない里小を目指しています。これからの児童会の取組にも注目して支えていきます。
 

雨の降る日は濡れた雨具とランドセルと玄関ホールの床を拭きましょう

6月13日。今日は雨。雨天の日は、登校時の児童のカバンも、傘から、はみ出てしまい、一部、濡れています。傘をさせない低学年の児童は、当然、カッパも濡れて登校しています。

挨拶運動の書記局役員が、登校してきた児童の濡れたカッパとランドセルを拭いてあげています。また、玄関ホールでは、他の役員がモップで濡れた床面を拭いていました。
 
「ランドセル、拭いていいですか?」
「お願いします。」
 
そんな会話をしながらの雨の日の一日がスタートします。

児童会の総会議案にも、書かれていない行いですが、里小児童会では、代々、続いている小さな親切・善行です。

児童にとっては、あまりにも普通のことでしょうが、この小さな普通の積み重ねが、いじめが入り込まない笑顔があふれる西の里小学校になる基盤となります。
 
123
 

2 生活目標

生活目標は、児童自身が生活を見直し、改善していくためのものです。いじめは、学校生活に慣れてくる6月が要注意と言われています。生活目標の中にも、いじめ防止の願いが込められています。

JPG6月の生活目標 (44.9KB)

「正しい言葉遣いをして、友達にやさしくしよう」

強化項目:
「呼び捨てにせず、丁寧な言葉で話そう」
「ありがとうと言われる行動をしよう」
 
適切で正しい言葉遣いは、いじめ防止の原点です。教師も含めた好ましい言語環境づくりと指導の徹底を大切にして取り組んでいます。
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る