ここからメインメニュー

サイト内共通メニューここまで

北広島市教育委員会ホームページ ここから本文です。

馬頭観世音大菩薩

馬頭観世音大菩薩【遺産5:歴史】

 馬頭観世音大菩薩は、馬の供養のために建てられたということが多く、車のない時代には、人を乗せて目的地まで運んだり、荷物を載せて運搬したり、農作業で畑を起こしたりと、馬は人々の生活に欠かせないものでした。
 このような馬に対し、感謝の気持ちを込めて石碑などを建てて供養していました。
 音江別神社の境内にある馬頭観世音大菩薩は、近くの道路拡幅工事のために現在地に移され、神社境内でも一番陽の当たるところに設置されています。

 音江別神社は明治33年(1900年)に建立され、古くから地元の方の心のよりどころとして存在しています。
 大正15年(1926年)には、現在のJRの鉄道が完成しますが、この音江別神社横には鉄道工事を行う作業員の宿舎があり、全国から集まっていたようです。鉄道完成後、宿舎の棟梁はトロッコのレールを骨組みに入れた鳥居を寄付しましたが、理由はわかりません。地域の方々にお世話になったからなのでしょうか。
 現在の鳥居は平成9年(1997年)に建て替えられ、コンクリート製の新しいものとなっています。

音江別神社の馬頭観世音大菩薩の画像
馬頭観世音大菩薩 正面
 

アクセス

所在地:北広島市南の里583番地4(音江別神社境内)
 

問い合わせ先

教育部 エコミュージアムセンター
電話:011-373-0188
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る