ここからメインメニュー

サイト内共通メニューここまで

北広島市教育委員会ホームページ ここから本文です。

アオンボ川

アオンボ川【遺産3:歴史】

 アオンボ川の正式名称は「共栄音江別幹線排水路」といい、河川ではなく水田用に整備された排水路です。
 共栄と北の里の町界にあり、広島幹線1号が交差し「拓北橋」が架かっています。
 排水路は、北東方向の千歳川に向かって真っすぐ掘削されたもので、長さは約1.5キロメートルあります。
 昭和13年(1938年)、排水路は囚人たちの手によって掘削され、このとき、囚人たちは青い服を着ていたので、「青ン坊」と呼ばれていました。比較的罪の軽い囚人たちは青い服を着ていたためこのように呼ばれ、罪の重い囚人たちは赤い服を着ていたので「赤ン坊」と呼ばれていたそうです。
 いつしかこのできあがった排水路は、土木作業に動員された青ン坊から「アオンボ川」と呼ばれるようになりました。

アオンボ川(北東方向)の画像
アオンボ川(北東方向)
 

アクセス

所在地:北広島市共栄拓北橋
 

問い合わせ先

教育部 エコミュージアムセンター
電話:011-373-0188
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る