ここからメインメニュー

サイト内共通メニューここまで

北広島市教育委員会ホームページ ここから本文です。

北広島市エコミュージアムセンター知新の駅

感染防止の取組みについて【令和4年(2022年)1月25日追記】

スタッフが施設内の消毒、換気等の対策を行いますが、来館される皆様におかれましても、下記の感染防止の取り組みにご協力をお願いいたします。

以下の場合には、観覧の自粛をお願いいたします。

  • 体調不良の場合
  • 発熱や咳など風邪の症状があった場合

手指の消毒をお願いいたします。

入口に消毒用アルコールを設置しています。

咳エチケットへのご協力をお願いいたします。

観覧する際はマスク着用をお願いいたします。

観覧においてのお願い

  • 「密集」「密接」を避けるため、人との間隔を2メートル程度取ってください。
  • 大きな声での会話はお控えください。
施設内での「密集」を防ぐため、入場制限をさせていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。
個人で観覧日時を記録していただきますようお願いいたします。
 

北広島市エコミュージアムセンター知新の駅のご紹介

エコミュージアムセンター知新の駅は、北広島市の豊かな自然や歴史、産業についての情報の収集や発信、展示といった役割を担う、「屋根のない博物館(エコミュージアム)」の中心施設です。
常設展示コーナーでは、地球の歴史や北広島市で発見された地層、化石などの自然史についての展示や、北広島市にゆかりのある3人の先人について紹介する郷土史の資料を展示しているほか、たくさんの市民の方と共に制作した親子マンモスの模型なども展示しています。
また企画展示コーナーでは、年に2~3回程度、さまざまなテーマで展示をしています。

エコミュージアムセンター展示例の画像
 

メニュー


※開館状況等は、PDFスケジュールカレンダー (62.7KB)をご覧ください。
 

施設情報

  • 開館時間:9時00分~17時00分
  • 休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は、直後の平日)、年末年始(12月29日~翌年1月3日)
  • 入館料:無料
  • 住所:〒061-1134 北海道北広島市広葉町3丁目1番地(北広島市広葉交流センター内)
  • 電話:011-373-0188
  • FAX:011-373-0189
  • メール:emc@city.kitahiroshima.lg.jp
 

イベント情報

令和3年度のイベントはすべて終了しました。
 

令和3年度イベント一覧(終了したもの)

春のミニ展示「名誉町民松原太郎生誕125周年記念展」

北広島で唯一の名誉町民(市民)である松原太郎の生誕125周年を記念し、関連資料や松原太郎を知る方からの聞き取り調査結果から、松原太郎の功績や人となりを紹介しました。

期間:令和3年(2021年)4月24日(土)~7月25日(日)
※詳細は、令和3年度ミニ展示「名誉町民松原太郎生誕125周年記念展」をご覧ください。

地域遺産発見!「発見の小径を歩く」

「発見の小径を歩く」は、まちを好きになる市民大学OB会のガイドのもと、北広島市内を徒歩でめぐりながら豊かな自然や歴史、産業の新たな魅力を発見する散策型のイベントです。令和3年度は、7月(東部地区サテライト)と10月(史跡旧島松駅逓所周辺サテライト)の2回開催しました。
  • 第1回(東部地区サテライト編):令和3年(2021年)7月11日(日)
  • 第2回(西部地区編):令和3年10月16日(土)
※詳細は、地域遺産発見!「発見の小径を歩く」参加者の募集をご覧ください。

2021旧島松駅逓所ライトアップ

史跡旧島松駅逓所において期間限定でライトアップを行いました。
  • 夏編:令和3年(2021年)7月17日(土)~7月25日(日)
  • 秋編:令和3年(2021年)10月9日(土)~10月17日(日)
※詳細は、2021旧島松駅逓所ライトアップ夏編および秋編をご覧ください。

夏の企画展「東部地区のサテライト展」

令和3年度に北広島市の「東部地区」において、歴史遺産や自然遺産に関する”サテライト”が認定されました。これを記念して、東部地区の歴史・自然遺産を紹介する企画展を行いました。

期間:令和3年(2021年)7月24日(土)~令和3年(2021年)11月21日(日)
※詳細は、令和3年度企画展「東部地区のサテライト展~魅力ある自然や歴史を発信~をご覧ください。

夏のミニ展示「北広島の昆虫と植物」

北広島市内に生息・生育する昆虫と植物を紹介するミニ展示を行いました。

期間:令和3年(2021年)7月31日(土)~10月20日(水)
※詳細は、夏のミニ展示「北広島の昆虫と植物」をご覧ください。

「いしかり縄文リレーパネル展 JOMON 未来へ続く一万年ストーリー」

北海道初の世界文化遺産登録となった縄文文化の魅力を広く発信することを目的とした、石狩管内を巡回するパネル展がエコミュージアムセンターで開催されました。

期間:令和3年(2021年)10月21日(木)~令和3年(2021年)10月29日(金)
※詳細は、令和3年度企画展「東部地区のサテライト展~魅力ある自然や歴史を発信~をご覧ください。

「冬のミニ企画展「蔵出し展~なつかしい冬の生活道具」

北広島の冬の生活に欠かせなかった暖房器具やスポーツ道具等を展示しました。

期間:令和3年(2021年)12月18日(土)~令和4年(2022年)2月27日(日)
※詳細は、令和3年度ミニ企画展「蔵出し展~なつかしい冬の生活道具」をご覧ください。

ミニ展示「昆虫の翅(はね)展」

昆虫のはねの形と機能に着目したミニ昆虫展を行います。

期間:令和4年(2022年)1月22日(土)~令和4年(2022年)3月13日(日)
※詳細は、令和3年度ミニ展示「昆虫の翅(はね)展」をご覧ください。
 
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

問い合わせ先

教育部エコミュージアムセンター
電話:011-373-0188
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る