北広島市立広葉中学校 ここから本文です。

印刷する

3.25 表彰伝達式・修了式・離任式

 3月25日に伝達表彰式、修了式、離任式が行われました。
 表彰式では各種コンクールで優秀賞などを得た生徒への表彰がありました。部活動など、日々の地道な取り組みを通しての成果が十分に表れたものになりました。
 
 修了式では学校長から「スタンダードを意識して成長していこう」というお話があり、その後、代表生徒から決意の言葉がありました。

 1年代表生徒:
1組は、みんな仲もよく良い学級だと思います、この学級が終わってしまうのはとても残念です。しかし、後ろを振り返っていてばかりでは、自分たちの成長はありません。気持ちを切り替えて、4月から、この一年間で学んだことをいかして、みんなと協力し、この学級を超える、最高の学級をつくりあげたいと思います。」

 2年代表生徒:
成長した部分は大きく2つあります。1つ目は団結力です。宿泊学習、2回目の学校祭、陸上競技大会などの大きな行事を経て、1年生の時よりさらに団結力が深まったと思います。今では、授業の班交流の場面などで、みんなが自分からすすんで会話に参加するようになりました。こういった点からも協調性が増し、団結力が深まったと思います。2つ目は勉強に対しての姿勢です。2年間の中学校生活と、もう受験生になるという緊張感がテストに対する姿勢を変え、学年全体の集中力も上がりました。2年生の中間テスト頃からは、多くの人が授業時間以外にも勉強する姿勢が見えました。」

 生徒会代表生徒:
1年生、2年生、3年生の縦の繋がりや、1組と2組での横の繋がりの団結力を高めることが出来たと思います。
 そして、広葉中学校は、開校50周年という大きな節目を迎えました。式典ではクイズを行ったり、50年間の歩みを振り返ったりしました。今年度しか経験できない特別な式典を通して、広葉中学校についてより知ることができ、これから新たな一歩を踏み出すんだという期待と喜びを全校生徒で共有することが出来たと思います。今年1年間こうした様々な行事を通して、学校全体で成長することが出来たと思います。そしてその成果が卒業式での全校合唱に生かされていたなと私は感じました。私も今年のような感動できる最高な卒業式にしたいと思いました。そのためにこれからの日々を大切にし、さらにSTEP UPすることを心がけていきたいと思います。」

   

 離任式では7名の方から在校生への励ましと温かい言葉をいただき、生徒会長からの感謝の言葉のあと全校生徒で見送りを行いました。7名の方への感謝と新天地での活躍への期待を感じさせるものとなりました。今までありがとうございました。
  


 保護者、地域の皆様におかれましては、本校の教育活動へのご理解とご協力をいただきまして誠にありがとうございました。新年度、51年目の広葉中学校へのさらなるご支援をお願いいたします。


ページの先頭へ戻る