ここから本文です。

現在のページ

1.29 「フルートとピアノによるクラシックコンサート」から

 音楽、芸術、文化、スポーツ等々、多感な時期の子ども達の感性を磨きます。コロナ禍を理由に、そうした貴重な「心に栄養を与える機会」を失ってはならない・・。そうした思いで、学校行事やキャリア教育、座学以外の学習等、充実を図ってきました。

コンサートを終えての生徒感想をお礼の手紙として民音協会に送る予定ですが、子ども達の感想を少しだけ、ご紹介します。

〇3年生にとっては受験勉強で大変な時期になっているので、音楽という力を借りてリラックスできて、心から楽しめた時間でした。生の演奏は、なかなか聴く機会がないので、とても貴重な経験だったと同時に、「良いもの」と触れることができた時間だったと思います。人と生活にとって音楽とは今も昔も必要なものなのだと改めて感じました。 Y.M

〇ホールで初めて音楽を聴いて、きれいな音に感動したし、リクエスト曲ですごく盛り上がって楽しかったです。音楽を聴いて、元気をもらったし、受検勉強をもっとがんばろうと思いました。また、聴ける機会があったら、音楽を聴きたいです。 S.M

〇私はもともとそこまで音楽に興味がある方ではなく、プログラムを見ても知らない曲の名前ばかりだったので、あまり期待していなかったけど、実際に聞いてみると、「聴いたことがある!」って曲がたくさんあって、とても楽しく聴くことができました。「声は出せない環境だったけど、みんなで合唱したかった」なと思います。ありがとうございました。S.K

〇ピアノとフルートの二つの楽器だけで、とても素敵なハーモニーを創り上げることができるということにとても驚きました。演奏された曲の中には、本来オーケストラで演奏するような曲がありましたが、ピアノのアレンジで、オーケストラに負けないぐらい力強い演奏でした。クラシックから最近の曲まで力強い曲、神秘的な曲、二つの楽器が創り出す音色はとても感動しました。素敵な時間を過ごすことができました。 K.T

〇直接、ピアノや楽器の音を聴くと、普段音楽の授業の鑑賞などでCDを使って聴く音とは全然違ってて、特にホールの中での響き、反響が、生で聴くとすごかったのが特に一番驚きました。また、盛り上がって聴くことができてとても楽しかったです。 Y.M

〇きれいな和音のピアノ、一音一音丁寧なフルートの二つがとてもきれいに合わさっていて、とても魅力的でした。このご時世や受検やらで疲れている中、心いやしてくれる音楽はすごい力だなと感じました。Y.K

〇普段の生活の中で、あまり音楽にしっかり触れる機会がなかったので、今回、素敵な演奏を生で聴くことができて、とても感動しました。「できることを突き進めたら、他のこともできるようになる!!」という言葉をきいて、まずは自分の得意なことを磨いていこうと思いました。ありがとうございました。 N.T

   このコンサートをきっかけに、五感を働かせ、様々なことを感じ、考えた・・
  そうした経験の積み重ねが、「豊かな感性を働かせ、志(夢や目標)を持って学ぶ」
  みなさん「えがお、表現、チャレンジ」につながるとを願っています。

  
  
  

 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る