ここから本文です。

現在のページ

1.12 大雪・暴風雪に最大の注意を

 "湿った重い雪"で道内各地に被害が出ています。

停電による道内10か所での避難所開設、交通まひ、JR白石駅では湿った大雪の影響で列車が立ち往生(札幌市白石区12日午前4時30分ごろ)、北広島市でも普通列車が動けなくなり、乗客80人ははしごで下りてタクシー移動したそうです。

 低気圧が急速に発達した影響で、1月12日の北海道は暴風雪、大雪の天気となっています。湿った重い雪が降っているところが多く、各地で被害を大きくしています。

 

 市内的にも除排雪が追いついておらず、今後も低気圧の発達により、積雪、暴風等も懸念されます。本日12日(水)は、子ども達の安全確保の観点から、マチコミメールで、本日の部活動について、中止連絡をさせていただきました。14日(金)の始業式の天候状況も気になるところですが、各ご家庭におかれましても、天候状況にご留意ください。尚、オミクロン株の広がり、道内、石狩管内の新型コロナウイルス感染症の感染状況も急速に増加しています。重症化はしにくいながら、無症状であったり、感染力の強さが特徴のようです。北広島市でも感染事例が報告されていることから、今一度、感染防止対策について確認し、3学期を迎えましょう。3年生は特に、塾や習い事等での感染防止にも気をつけた生活が必要となる進路期です。体温計測や手指消毒、感染リスクの回避等、健康管理に留意しましょう。

  
  
  

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る