ここから本文です。

現在のページ

12.3 根拠に基づいて

「エビデンス」って?


 ビジネスの場では「エビデンスを取っておくように」といったように、”エビデンス”という言葉がよく使用されています。あまり聞きなれない英語由来のカタカナが、ごく一般的で常識的な用語のように世の中で使われれるのも、「どうかな・・」とも思いますが、

*************
エビデンスは、英語の「evidence」からきており、「証拠、根拠、形跡」という意味。
業界・業種によって使い方のニュアンスが若干違いますが、主に「裏付けがされているか?」という意味で使用されます。
*************

〇会議の議事録やメールなど、見える形で残すことを「エビデンスを残す」と表現。
〇口頭のやりとりだけでは、「言った言わない」などのトラブルを招く可能性もあるので、  目に見える形で記録すること。
〇IT業界では、「システムが正常に稼働しているかを示すデータ」のことをエビデンスと表 
 現。例えばシステム稼働中のスクリーンショットや関連するデータなどを指して、エビデ
 ンスと使用します。
〇行政や教育現場
 政策・施策の企画をその場限りのエピソードに頼るのではなく、目的を明確化したうえで
 合理的根拠(エビデンス)に基づくものとすることが求められ、「エビデンスに基づいた 
 政策・施策」でなければ、お金をかけて、実行に移されることは決してないのです
。だか
 ら、企画や施策を理解してもらい、実行に移していくために、「合理的根拠(エビデン 
 ス)」に基づいているのか、資料やデータを必死に用意します。

根拠を明確にして・・


 国語の授業を見て回ると、「根拠・理由を明確にして答えなさい」という問題や授業での発問が、どの学年にも出てきます。
2年生 国語「兼好法師はどんな人?根拠を明確にして」・・という問いに、徒然草の随筆 
      の中に隠された「吉田兼好の人柄が分かる記述」を文章から丁寧に読み取って
      いました。
3年生 国語 「宿題代行サービスの是非」について、ディベート的に議論していました。
      昨年の2年時の授業では、「眼鏡をかけている生徒の割合のグラフを見なが
      ら、自分の考えを、プレゼン発表するという授業も行われていました。

 双葉6年生・広葉中3年生の「学力・学習状況調査」が全国平均を上回り、「読み解く力
、根拠に基づいて読んだり、書いたり、表現したりする力」が、しっかり身についているのは、こうした「理由・根拠を明らかにして、書いたり、表現したり」という活動によるのかと感心しました。

【2年生国語】
  

【1年生道徳】
  
 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る