ここから本文です。

現在のページ

9.16 共に学び 共に高め合う

音楽(小4中2)音階をもとにして音楽をつくろうⅡ ~平調子の特徴を活かして~


 前時、小学校4年生が音楽の授業でつくった何小節かの音階(旋律)に、箏をつかって平調子のリズムを小学生のつくってきた音階にのせた2年生。「小学生の考えた音階に音符をあててリズムを加える」という作業から、ひとつの曲をつくっていきます。和楽器特有の平調子のリズムと小学生の演奏する楽器のコラボを楽しみにしています。

「音階にリズムを加えて旋律を創る」という難しい内容ですが、小学校4年生が一生懸命考えてくれたフレーズです。『難しいことにもねばり強くチャレンジする』2年生の、実りある小中一貫合同授業に期待しています。

      
 

プレゼンテーション能力育成


 タブレットのプレゼンテーションソフトを利用して、『数学の問題の解答方法』について、プレゼン・説明する授業が行われていました。タブレットのプレゼンソフトは、例えば、「分数等、数学特有の表記方法ができない」「画像の入れ方や加工の仕方がわかりずらい」等、WindowsやMacのソフトとも若干違った使い勝手・・。生徒達は、慣れた手つきで、画像やグラフを挿入したり、数学的考え方を順序立てて示したり、工夫しながら、「どう説明したらわかりやすいか」を追究していました。

  
  


3年生「ソフトボール」 保健体育


 3年生は、ソフトボールの授業。気温は、20度前後で、このところ秋めいていますが、青空の下、「みんなでソフトボールを楽しむ」という楽しさが伝わってきます。

  
 

1年生「立体の切り絵アート」 美術


 1年生は、真っ白な画用紙を折って、切って、立体的な花(切り絵)を表現していました。折り方、切り方によって、様々な花となり個性豊かに飾られた切り絵は、「アート」を感じさせます。中学校入学で、図工・美術から美術へ・・芸術性が高まっていく姿が成長を感じさせます。

  
  

  












 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る