ここから本文です。

現在のページ

5.20 広い世代での感染拡大にご注意を

  緊急事態宣言下の北海道。19日(水)には、道内の1日の感染確認が604人となり、これまでで2番目に多い感染者数となってしまいました。特に札幌市の医療のひっ迫状況は厳しさを増し、石狩管内の感染者数も増加の一途です。
 

 札幌と石狩管内の状況は19日   
▲札幌市 382人    
▲江別市   9人
▲恵庭市   8人
▲千歳市   7人
▲北広島市  5人
▲石狩市        2人
    さらに、石狩地方で29人、これに道内各地の感染者数を加え604人の感染が発表されました。

 会社関係のリモートワークや時差出勤、高校・大学でのリモート学習等もかなり広がってきていますが、「変異株」の占める割合が高くなってから、以前よりも幅広い世代で感染が拡大していることがわかります。高校の学級閉鎖や学年閉鎖・道内各所でのクラスター報道と、義務教育現場でも北海道の「警戒ステージ5」、衛生管理マニュアル「レベル3」の感染症対策に取り組んでいます。ご家庭においても、発熱時の欠席措置や連絡、家族・兄弟関係の中でのPCR検査にともなった欠席措置や連絡など、丁寧な相談とご協力をいただき、学校運営上、とても助かっています。特別措置区域となり、厳しい制限下ですが、「家族や大切な人のための安全・安心」のため、正念場であることに変わりありません。ワクチン接種も始まってきています。混乱なく、高齢者、医療関係者、様々な世代へのワクチン接種が順調に行われることを願っています。

 

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る