ここから本文です。

現在のページ

2.15 明日から私立高校一般入試

 明日16日(火)の私立高校A日程を皮切りに私立の一般入試がスタート。19日(金)にはB日程、3月3日(水)の公立入試まであと2週間程度となりました。私立高校入試を前に3年生には、集会の中で、次のような話をしました。

〇入学者選抜試験にあたって
 

1,「自分を信じて」、「やってきたことを信じて」・・

 ・私立高校のTVコマーシャルで、「コロナ禍を乗り越えた受験生は強い」というものがあ  
  ります。

・できることを探して精一杯挑んできた3年生。将来にしっかりと枝を伸ばし花を咲かせる
  よう「根っことなる学びに向かう力」を育ててきました。
 ・やってきたことは間違いありません。自分を信じて、未来を描くチャレンジです。

 

2,人生の中で幾度か訪れる大きなチャレンジですが、人生、一本道ではありません。

 ・確かに人生の分岐点ではあるけれど、進んだ道によって、そこにはまた違った道もある
  ものです。
 ・最近の受験生は、「公立が受かっても私立に進んだり、高倍率の公立にしっかりチャレ
  ンジして、叶わなければ私立へ」といったような考え方で、入試に臨んでいます。
  『どちらも第1志望』と考えて、チャレンジしてください。

 ・(校長の大学受験や採用試験不合格、バスケットボール等を例に)
  「挫折」の経験すら力になります。

 

3,15の春は自立への道、入試を機にさらなる自律を・・

 ・時間を守る 
 ・TPOをわきまえる

 ・適切なコミュニケーション 
 ・生涯学び続ける自律的な学習者として
  といった社会に出て、「当たり前のことを当たり前にできる」自律した姿が15の春。肝
  心なときに遅刻してしまったり、ルールを守れない人は心配ですが、「入試を機にさら
  に改善し、自立に向かう」ことも大切なのです。

 

 みなさんの「未来へのチャレンジ」を応援しています。

【私立入試にあたっての集会】
 目も、耳も、頭も、心も、そして姿勢も、素早く『ONの状態』をつくってくれる3年生の凛とした姿にいつも胸が熱くなります。がんばれ!自己実現!
    

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る