ここから本文です。

現在のページ

1.30 双葉小 土曜授業

双葉小 土曜授業

 

1月30日(土)、双葉小学校の土曜授業が行われました。

小学校にとっては1年間の学習成果を保護者・地域にも公開する大きな行事、学芸発表会が新型コロナ感染防止対策のため通常のような発表会とはなりませんでした。現中1の「僕らの七日間戦争」をはじめ、2019年の秋に小学校の学芸発表会を見せていただいたことが思い出されます。中学校以上に様々なことに配慮しながらコロナ禍の「学びの保障」に日々学習を積み上げている小学生の姿に感銘しました。
 


授業の様子を見せてもらって・・


 今年は、感染対策に配慮しながら、音楽や体育、表現活動等々、2020年度に学習してきたことの発表会として、学年ごとに工夫しながら、2月か3月に、分散での学習発表会を計画しているようです。縄跳びや様々なボール運動にダンス、ピアニカからアコーディオンに代えての器楽演奏等々、その練習にも熱心に取り組んでいました。「もっと、こうした方がいいのでは」と発表グループごとに発表内容や演出方法を練り上げている姿が「主体的であり対話的」です。
 1年生の道徳「はしのうえのおおかみ」は、担任の先生方の授業づくりと子どもたちの純粋な反応に感心しました。

6年生「卒業プロジェクト」では、紙粘土で、「なりたい自分」の作品をつくったり、夢ノートの記録も活用しながら、自分のキャリアデザインについて「夢の宝地図」を作成していました。自分や友達の良さを確認し合い、自己の進路について、強みや個性、夢や希望、将来像について考えて行くのが大志学。小学校でも「自ら考え、自ら学びとる」学習が進められていました。
  
  
  



 

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る