ここから本文です。

現在のページ

11.27 感染拡大防止に道民一丸となって・・

 師走を迎えようというのに全国、北海道の新型コロナウイルス第3波が猛威をふるっています。北広島市を含む石狩管内においても、福祉、医療関係のクラスターや、医療関係者のひっ迫状況悪化、小・中・高校や大学・専門学校等の感染者発生や学級・学年の閉鎖等、憂慮すべき事態となっています。

 過日、「北広島市内の小中学校において感染者が確認された場合の対応」について、市教委と共に文書を出しています。学校の新しい生活様式を基に、感染防止に最大限の配慮をしながらの学校生活ですが、児童生徒やそのご家族に感染者や濃厚接触者が出ることも十分考えられる状況ですので、学校とご家庭との連絡体制を整備し、市教委、医療、保健所等、関係機関との連携を図り、迅速で、適切な対応が必要と考えております。
 **確認*************
1,感染者が確認された場合の対応について
(1) 在校時の場合は、通常日課を行ったうえで、速やかに下校します。クラブ活動、委員
 会活動、部活動、放課後子供教室等は休止します。
(2) 感染者が確認された日の翌日から、臨時休業し、校舎の消毒及び濃厚接触者等の特定
 を行います。臨時休業の期間及び範囲は、別途お知らせします。
(3) 濃厚接触者等の特定が終了した後、閉鎖する学級や学年等とその期間を決定し、お子
 様の登校の可否について保護者メール等によりお知らせします。
   ア 学級閉鎖等の期間は、(2)の期間と合わせて14 日間を基本とします。
   イ 学級閉鎖等の範囲は、保健所の調査結果や助言等を踏まえ総合的に判断します。
2,出席停止の取扱い
   児童生徒の感染が判明した場合等の欠席の取扱いは次のとおりとなります。
(1) 児童生徒の感染が判明した場合
  治癒するまでの間、出席停止
(2) 児童生徒が濃厚接触者となった場合
  保健所からの指示による健康状態の観察が終了するまでの間、出席停止
(3) 児童生徒と同居する家族の感染が判明した場合
  この場合、一般的には、当該児童生徒は濃厚接触者となり、上記(2)により対応します。
  それ以外の場合については、保健所等との助言により対応を検討します。
(4) 児童生徒と同居する家族が濃厚接触者となった場合
  当該濃厚接触者の健康状態の観察が終了するまでの間、出席停止
(5) 児童生徒に発熱等の風邪症状がみられる場合
  症状がなくなるまでの間、出席停止
    ※医療機関を受診し別の診断がされた場合は、その診断に従います。
(6) 児童生徒等の同居の家族に発熱等の風邪症状がみられる場合
  症状がなくなるまでの間、出席停止
    ※医療機関を受診し別の診断がされた場合は、その診断に従います。
(7) 基礎疾患等がある児童生徒等が医師等により登校すべきではないと判断された場合
  医師等が必要と認める期間、校長が出席しなくてもよいと認めた日とします。
*************

 道独自の措置、『11月27日までの集中対策期間』が、12月11日まで延長されました。札幌市内全域の接待を伴う飲食店へ休業要請、すすきの地区の飲食店への時短要請継続、接待を伴う飲食店の利用を控える道民への呼びかけ、 Go Toトラベル札幌市除外、GoToイートの食事券販売停止(11月30日~12月15日)等、経済への打撃も心配されるところではありますが、今は、道民一丸となって第3派の終息を目指さなければなりません。引き続き、児童生徒の検温や健康観察、手洗い・マスク徹底、気温・湿度管理と換気、三密回避、等々ご家庭においても再確認をお願いいたします。

          


 

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る