ここから本文です。

現在のページ

11.13 感染拡大にともない 保護者の皆様へ

 7日連続で感染者が100人を超えた北海道。道は独自に定めた5段階の「警戒ステージ」を7日に「2」から「3」へ引き上げ、クラスターが多発する札幌・ススキノ地区の飲食店に深夜の営業自粛を要請するなど封じ込めを図っていますが歯止めはかかっていません。

 高度な医療を担う機関でのクラスター発生も憂慮すべき事態で医療機関や福祉施設等でのクラスター、若い世代への感染の拡大では、学校現場でのクラスター等、この新型コロナウイルスの感染拡大の仕方に恐怖さえ覚えます。
 
 Withコロナの時代の新しい生活様式や学びの保障、感染防止に努めながらの教育課程の工夫・改善に神経と労力を費やし頑張ってきた教育現場にも、更なる試練がきています。北広島市の小中一貫教育に象徴される9年間の確かな学びが、子どもたち一人一人の成長と生きる力につながり、「えがお」あふれる学びや生活が豊かな協力、協調となり、困難な時代にも意欲的、主体的に学び、大きな志をいだいて、自分らしく、たくましくチャレンジする人をめざす姿として日々の実践を積み上げています。

 新型コロナウイルス感染症対策チーム(北海道)によると、北海道の全庁が一丸となって、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策を進めている中、感染された方やその関係者の中には、一部、誹謗・中傷に心を痛めている方もいるそうです。札幌市の中学校でもクラスターが報告されていますが、その学校に通う、生徒、保護者、教職員の苦労や困難を考えると胸が痛みます。感染された方などに対する不当な扱いや嫌がらせ、差別、偏見につながることがないよう、道民一丸となって感染防止に尽力するしかないのではないでしょうか。

 学校では、対ウイルスということで、検温等の体調チェック、マスクや飛沫を防止する対策の再確認、加湿器による湿度の確保と適切な換気、感染リスクが高いとされる教育活動の慎重な対応等、感染拡大防止に努めていきます。ご家庭でのご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

北海道教育委員会から PDF保護者の皆様へ (900.4KB)

    
  
  
  
   
 

Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る