ここから本文です。

現在のページ

11.11 初雪の朝

 朝、学校へ来たら素晴らしい雪景色なので、思わす写真を撮ってしまいました。
 朝早くから校長先生、事務職員、業務主事さんとで雪かきをし、生徒の登校の安全を守っています。
 今日は全学年の学力テストです。とくに3年生は受験校決定に向けた大事なテストとなります。頑張って良い結果となることを願っています。








 寒い日なので 心温まるちょっといい話・・・

 ポッカコーポレーションの創業者・谷田利景は、1972年に本格缶コーヒーの「ポッカコーヒー」を開発、その翌年に世界初となる冷温兼用の自動販売機を、三共電器(現サンデン)と共同開発しました。気軽に温かいコーヒーが飲める、それは飲料業界にとっても歴史的な出来事だったといえるでしょう。しかし、そのきっかけとなったのは、彼の温かな気持ちでした。

 創業当時のポッカの主力商品はレモンジュースでしたが、会社が大きくなるにつれ、新たな主力商品を開発する必要が出てきました。
 1965年の冬のある日、全線開通したばかりの名神高速道路を移動していた彼は。近くにあった養老サービスエリアに立ち寄ります。そこで彼が目にしたのは。寒空の下、冷たいジュースを飲んでいる長距離トラックのドライバーたちでした。忙しいドライバーには、喫茶店で温かいコーヒーを飲んでいる時間などなく、彼は、日本経済を支える長距離ドライバーが、温かいコーヒーも飲めない状況を、何とかしてあげたいと思います。
 
 そこでひらめいたのが、冷やすことも温めることもできる自動販売機でした。その中にコーヒーを入れいれば、夏はアイス、冬はホットと、1年中おいしい缶コーヒーを提供できると考えたのです。それはドライバーたちが喜ぶだけでなく、彼自身が望んでいた新たな主力商品のアイデアでもありました。

 その後、紆余曲折を経て、1973年11月、ついに冷温式自動販売機の第1号が設置されます。その場所は、トラックドライバーたちが冷たいジュースを飲んでいた、あの名神高速道路の養老サービスエリアだったそうです。
    星雲社 ちょっといい話より


 温かな気持ちといえば・・・

 校長先生が雪かきをしているとき、「おはようございます」の朝の挨拶だけでなく、「ありがとうございます」と声をかける双葉小の児童と広葉中の生徒がいたそうです。
 温かな言葉に、校長先生は感動していました・・・。


 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る