ここから本文です。

現在のページ

7.26 女子卓球交流戦

 26日(日)大曲中で女子卓球部(1,2年)の交流戦が行われました。
 換気、消毒、台数の制限、ビニール手袋やマスクでの審判、コートチェンジなし、ラケット確認なし等々、様々な感染防止策に配慮しながらの交流戦。中学校から卓球を始めた人がほとんどで、素直な姿勢と基本練習の反復によって、着実に上達してきた卓球部。コロナ禍での練習不足は技術の上達には厳しい環境ですが、やりたい事もできない逆境に耐えて、工夫しながら、困難を乗り越えてきた心とチームワークは、かえって、人と集団を大きく成長させるものです。感染リスクのある教育活動をいかに新しい生活様式にも配慮して、再開していくか、正解も見つけづらく、手探りではありますが、顧問の先生たち、選手たち、ピンチをチャンスに変えようという様々な取り組みに何とか周囲の大人達もエールを贈り、支援していかなければと考えさせられます。

          
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る