ここから本文です。

現在のページ

6.17 Challenge with dream 大志学講演から

Challenge with dream.「夢に向かって挑戦」

 北海道日本ハムファイターズ 
  スペシャルアドバイザー 田中賢介さん 
大志学講演 「チャレンジ授業」
 

 可能性の塊であるみなさんには、やる前からあきらめたりせず、挑戦、経験することを大切にしてほしい。”Challenge with dream.”ということばとともに、多くのメッセージをいただきました。

自ら限界を決めないで、色んなことに挑戦、経験してみる、そうした挑戦や失敗があってはじめて、夢が見えてくる。失敗しないように生きる生き方ではなく、トライする。他者の挑戦が失敗しても”Nice try“ と褒めてあげられる人間でありたい。自分の限界を決めずにコツコツやることが何より大切で、思いもよらない成功や結果につながることもよくある。  

また、世の中には、自己のコンプレックスや弱みをプラス思考で強みに変えている人もたくさんいる。「人生には二つの道があって、雨が降ったからごろごろ過ごすか、雨だけど積極的に〇〇してみようなのか・・」雨は、コントロールできなくても、どう行動するかはコントロールできる。やはりプラス思考が大切。

小学校から中3までの継続する力、こつこつと実行する力は、人としての基礎をつくったし、メンタルトレーニングとの出会いを含めプロとしての挑戦、メジャーへの挑戦、Fightersへの恩返し、今は、世界に羽ばたく人材を育成したいと小学校をつくることが夢と熱くお話ししてくれました。

賢介さん自身も、「想像もしなかった」人生がそこにあり、「人生、何が起こるか分からない」、やはり無限の可能性を信じ、限界を決めずに、挑戦することが大切だと私たちに熱くお話ししてくれました。

 

 コロナ禍で色々なことが制限され、ふさぎ込みがちですが、このような状況下でも私たちにコントロールできることが、たくさんあります。今日の講演が、みなさんの心に火をつけ、「大志をいだき、たくましくチャレンジする心」に一層磨きをかけ、個と集団が学び、高め合う学校生活となることを大いに期待しています。


 

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る