ここから本文です。

現在のページ

3.2 新型コロナウイルス感染症に対応した臨時休業等について。その3

                                         
件名:臨休延長に伴う取組と公立高校入試についての連絡
 

 新型コロナウイルス感染症対策として、臨時休業期間を延期する旨、北広島市教育委員会から通知がありました。学校としての取り組みもあわせてお知らせします。また、本日お知らせする内容については、マチコミ登録の有無にかかわらず、個別にご家庭への電話連絡も行い、お子様の心身の健康状態の確認もさせていただきます。
  昨日の北海道知事の会見では、分散登校の可能性にも触れられましたが、検討はこれから行うことになります。詳細が決まっていない内容については、決まりしだいマチコミメール、学校ホームページで続報を発信します。なお、マチコミメールについては配信が殺到し、つながりにくくなる場合があります。ホームページでも同様の情報を発信しますので、随時ご確認いただければ幸いです。


1.臨時休業期間
 2月27日(木)から3月25日(水)修了式の日まで。
  ※当初3月4日までとしていたものを延長します。


2.公立高校(全日制)の入試について
 3月3日(火)の受検場の公開(下見)は行わない。
 3月4日(水)に学力検査のみ実施する。
 3月5日(木)の面接・実技検査は実施しない。
 ※受検予定の生徒は、3月2日・3日は外出を控え、自宅で過ごすようにしてください。
 ※詳細については、個別に連絡をする際に確認します。
  ※利用する交通機関を変更する場合は学校へ連絡をください。


3.卒業式について
  現在検討中ですが、次の点は今後も変わらないと思われるため、お知らせします。
  ・来賓の出席は取りやめる。
  ・在校生の参加は生徒会役員など最小限とし、事前に保護者の了承を得る。
  ・合唱等、一斉に声を発する場面は設けない。
  ・時間を短縮し、20分程度で終えられるようにする。


4.修了式・離任式について
  現在、道教委及び市教委の判断待ちです。通常の形で行うことはできない見込みです。


5.休業中の過ごし方についてのお願い
 (1)外出等について
   国の対策の基本方針において、「感染の流行を早期に収束させるために、クラスター     
 (集団)が次のクラスターを生み出すことを防止することが極めて重要である」とされ」
  いることから、基本的に自宅で過ごすようにしてください。特に、閉鎖空間や近距離
  で多くの人と会話するような場所は、感染拡大のリスクがあるので立ち入らないように
  しましょう。


 (2)インターネット上のトラブル防止
   家庭においてインターネットを利用する機会が多くなることが予想されます。SNS等  
  の不適切な利用による犯罪被害、フェイクニュースの拡散、ネットいじめ等のトラブル
  に巻き込まれないよう、十分注意してください。保護者の皆様におかれましては、フィ 
  ルタリングの設定や利用に関する家庭内ルールづくり、定期的な確認等、ご指導をお願
  いします。


 (3)心の不安やいじめ等の問題についての相談
   心配なことがあれば、学校にご相談いただければと思いますが、24時間無料で相談
  できる「子ども相談支援センター」(0120-3882-56)も開設されていま
  す。


 (4)休業中の学習について
      ① 3年生については既に中学校での学習内容を終えていることから、入試や高校生活
   に向けて、中学校3年間の復習を、教科書・ノート・副教材等を利用して行ってくだ  
   さい。
      ② 1・2年生については、未学習部分については新年度に学習することとなります。
   また、休業中の家庭学習で取り組んでおく各教科の課題を、近日中に郵送でお届けす
   る予定です。それまでは、教科書・ノート・副教材等を活用して自習に取り組んでく
   ださい。

          その他、北海道教育委員会ホームページからチャレンジテストを利用できるほか、非
   常事態を受けてインターネットで無料公開している民間の教材もあるので、そうした
   ものを利用することもできます。


6.学校に置いてある道具の持ち帰りについて
  家庭学習で必要になるものもあると考えられることから、日程を設定しての持ち帰りを
 検討しています。


 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る