ここから本文です。

現在のページ

1.7 令和2年のスタートにあたって 

 

 令和2年がスタートしました。本年もよろしくお願いいたします。
仕事始めとなった6日には、ミニバスチームが来校し、中学生とゲーム交流をしていました。今日7日には吹奏楽の音色が校舎に戻ってきました。北広島市のめざす子ども像である「大志をいだき 心豊かに たくましく 生きる子ども ~賢く 優しく たくましく~」を実現し、変化の激しい時代に、豊かな感性を働かせて、志を持って学び、たくましく未来を切り拓く人材を育成しようと、教職員「ONE TEAM」でがんばる決意を新たにしたところです。
 例年になく雪の少ない1月で、管内中体連のスキー大会は中止となり
14日(火)、15日(水)の全道中体連夕張マウントレースイの大会は練習会なしでの開催となるようです。降雪がないことでの(速度超過による)交通事故がかえって増えていることなども注意を要しますし、今後の吹雪や暴風雪等も心配される季節であることは間違いありません。健康や安全に十分配慮しながら、新たな年、いいスタートを切っていきたいものです。

 「一年の計は元旦にあり(一年の計画は年の初めである元旦に立てるべきで、物事を始めるにあたっては、最初にきちんとした計画を立てるのが大切だということ)」といいます。中学生には、三つのことを大切にしようと伝えています。

1,自分の中の無限の可能性をみつけ、自分らしさをアウトプットしましょう。

2,人とつながる力、コミュニケーション力の基本は、「まず笑顔」です。

3,「Boys, be ambitious」目標を持って努力できる、果敢なチャレンジ精神。 

みなさんにとって、今年一年が飛躍の年となることを願い新年にあたってのご挨拶といたします。

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る