ここから本文です。

現在のページ

8.31 秋季新人戦を終えて

 秋季新人戦では、新チームのひたむきなチャレンジが見られました。
野球大会の大会長挨拶では、次のような内容の閉会の挨拶をしました。
「順位という結果以上に、成果と課題をしっかりとつかみ、チームとして課題をどう克服していくか、更なるステージでの向上に期待します。また、このような大会が開催される陰には、審判団や大会運営者、アナウンスやボールボーイ、スイッチャー、グラウンドキーパー、そうした多くの人たちが役割と責任を担いながら大会が成功裏に終わっています。そうしたことに思いがいったり、役割や責任をしっかり果たせる人間力の向上が、野球人としての向上につながります。」といったお話をしました。どのスポーツにも共通しますが、課題を明らかにし、日々工夫改善に努める不断の努力、礼儀正しさや周囲への気遣いや感謝、心・技・体の成長が、アスリートの力量を高め、「才能が努力の向こうに見えてくる」のです。文武両道、学習にスポーツに音楽に・・打ち込む皆さんの今後に期待します。
    
 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る