ここから本文です。

現在のページ

8.27 避難訓練

第2回目の避難訓練(地震想定)を行いました。


1,災害から身を守る上で大切なことは

      ① 「自助・共助・公助」の理解

   自分の命は自分で守る・共に助け合う・消防や警察、行政等の公の災害対策

  そして、何よりも

   ②備えることの大切さ
2,地震と二次災害の特徴

 ①身の安全の確保

  〇周囲を確認。身の安全を確保

  〇慌てて行動すると、転倒した家具類、飛び散ったガラスの破片等でケガをする恐れ

   〇ゆれがおさまった後に、窓や戸を開け、出口を確保

 ②発生場所による二次災害の予測

   〇街 中:ブロック塀の倒壊や看板の落下

   〇山間部:土砂崩れ・地滑り・落石

   〇川・海岸:流れに沿って上流側へ避難しても津波は追いかけてくる

 流れに対し直角方向に素早く避難

   〇停電や上下水道の断水等・・

   ・胆振東部地震後、停電の中、充電サービスや早めの販売を開始したコンビニも

   ・マンションの水くみを高校生が呼びかけて・・

3,今日の訓練を機に

 ①『指示をしっかりと聞き、もしもを想定して、本気で取り組めたか』

     自助・共助の大切さ、備えることの大切さ しっかりと振り返ってください

     今日の訓練も事前に予告をしましたが、学校にいるとき、授業中、休み時間、外出

   時、家庭にいるとき・・災害は予測が付かないときに起こります。


  もしもの時に何ができるか、「本物の危機回避能力を身につけてください」
    
 


 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る