ここから本文です。

現在のページ

7.13 管内中体連卓球

 ベスト4進出を目指して江別中央中学校との対戦。主将は、一番手。1セット先制すると相手も1セットねばり強く返してくるという白熱の展開。ジュース、ジュースの連続に手に汗握る試合でした。2-2でフルセットの5ゲーム目、またもやジュースの連続でしたが、惜しくも2-3で破れ、2番手、ダブルスも敗れたため、0-3でベスト8に終わりました。
 最後の最後まで、あきらめることなく1本を取りに行く姿勢、仲間の一体となった応援、見るものを熱くさせるすばらしい準々決勝でした。涙、涙の試合後でしたが、「悔しさが次につながり」ます。仲間と共にがんばりきれたこと、顧問や外部指導者のこれまでのご指導、選手達を支える家族の愛情、多くの人たちの思いを管内ベスト8という成果につなげられたことに誇りを持って下さい。お疲れ様でした。チーム一丸となったがんばりをありがとう。

            

 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る