ここから本文です。

現在のページ

石狩管内中学校音楽発表会 器楽部門

 令和元年度 第48回 石狩管内中学校音楽発表会(器楽部門)が北ガス文化ホール(千歳市民文化センター)大ホールで開催され、本校吹奏楽部が参加しました。広葉中学校は、25校の発表校中5番目の演奏。マーチ「エイプリル・リーフ」・「ルイス・アロソンの結婚」より間奏曲の2曲を演奏しました。
 吹奏楽は「管楽器を主体として演奏される音楽の総称」でバイオリン(弦楽器)が入ると「オーケストラ」と名前が変わります。指揮者を中心に、部員全員でひとつの曲を作り上げる、音を楽しむ(音楽)、そのバンド、仲間にしか創り上げることができない「音」「音楽」「音色」「ハーモニー」それらすべてが吹奏楽の醍醐味です。
 広葉中の演奏も迫力あるいい音が会場に響いていました。「音」づくりは、チーム作りに似ています。それぞれの楽器、それぞれの音色の良さを引き出し、主張するところは主張し、押さえるところは押さえる、そうしてバンドとして、一つの曲をハーモニー豊かに表現する。楽譜をしっかり読み込み地道な基礎練習、チューニング、響きあるサウンド、リズム、曲のイメージの共有、合わせ・・広葉中のサウンドづくり、仲間づくりにますます磨きをかけてください。

           
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る