ここから本文です。

現在のページ

家庭科「もっと給食を知ろう」

 給食を通して食事の栄養バランスを考えたり、自分の食べ方を振り返って、成長期のよりよい食習慣を実践する意識を持ってほしいと、家庭科の授業に栄養教諭も入っての授業が行われました。
 「中学校3年間でどれくらいの給食の回数?」「給食の献立や調理にはどんな工夫があるのだろう」等々、食材を6つの食品群に分ける活動や栄養バランスのよい食事、給食の主食・主菜・副菜といった考え方等、「食」について興味を持って学習を深めていました。

  
  
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る