ここから本文です。

学校長から


年度はじめのご挨拶
 

                         広葉中学校長  金森 直人


 

 

       





 このたびの異動で広葉中学校長として着任いたしました金森 直人です。

 子どもたちは明るく素直で、落ち着いた雰囲気で学習に取り組んでおります。「変化の激しい社会を自らたくましく切り拓いていく力」を子どもたちに培い、個性を生かし、周囲と協力しながら、心豊かな人に育ってほしいと、教職員一同、決意を新たにしているところです。

 

 現中学生の多くが社会に出るであろう2030年代の社会は、「子どもの頃にはなかった職業が増えている」「外国人と関わる機会が増えた」「人工知能が様々な分野で活用される」「答えのない課題に色々な人々と協力して挑戦していく時代」等とよく言われます。学校は、何を理解し何ができるようになるのか「社会で生きて働く知識理解」・未知なる状況にも自ら考え適切に行動するための「思考力・判断力・表現力」・自分らしく社会や世界と関わりよりよい人生を送るための「学びに向かう力・人間性」をバランス良く身につけ、「未来を生き抜く力」を育成することが求められています。

 

私たち教職員は、「人を大切にし、共に学び、高め合う」(今年度の重点目標)中から、自主自立の学習・生活習慣を確立し、仲間や集団、社会、地域との協働の中で、大きな志を持ち、努力によって得られた自己有用感が好循環となるよう学校づくりを進めていきます。また、様々な課題を克服し、めざす子ども像の実現と健やかな成長を促すには、小中学校の連携はもちろん、家庭、地域の三位一体の協力体制、良好な関係づくりが不可欠です。保護者・地域の皆様には、2019年度、本校教育へのご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る