ここからメインメニュー

サイト内共通メニューここまで

北広島市子育てサイト ここから本文です。

現在のページ

令和2年度マタニティスクール/マタニティスクール両親コース

※マタニティスクール5月コースは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、内容を組み替えて、「マタニティ講座 個別相談」として実施します。詳しくは、下記のリンク先のページをご覧ください。
マタニティ講座 個別相談
7月以降の日程につきましても、
日程等が変更となる場合があります。詳しくは、健康推進課までお問い合わせください。
 

マタニティスクール

妊娠中の食事や過ごし方、出産、子育てについて楽しく学習しながら、お友達をつくりませんか。出産後はクラス会もあります。

PDF令和2年度(2020年度)マタニティスクールちらし (189.0KB)
 

令和2年度(2020年度)日程(各コース全4回)

【変更】令和2年(2020年)5月コース

5月コースは、「マタニティ講座 個別相談」に組み替えて実施します。詳しくは次のリンク先のページををご覧ください。
マタニティ講座 個別相談

7月コース

7月7日(火)、7月14日(火)、7月21日(火)、7月28日(火)

9月コース

9月3日(木)、9月10日(木)、9月17日(木)、9月24日(木)

11月コース

11月10日(火)、11月17日(火)、11月24日(火)、12月1日(火)

令和3年(2021年) 2月コース

1月26日(火)、2月2日(火)、2月9日(火)、2月16日(火)
 

時間

13時30分~15時45分
*4回目のみ11時00分~13時30分
 

会場

保健センター市役所1階(北海道北広島市中央4丁目2番地1/電話 011-372-3311)

 

プログラム

1回目

  • オリエンテーション
    ~自己紹介とレクリェーションでお友達づくり
  • お産の流れと妊婦体操(DVD・講話・実技)
    ~リラックスしながら陣痛を乗りきろう

2回目

  • 妊娠中の栄養と食事(1)(講話)
    ~妊娠中のママと赤ちゃんに必要な栄養を知ろう
  • 赤ちゃんの栄養(講話・個別相談)
    ~おっぱいの準備をしよう

3回目

  • 赤ちゃんとの生活(DVD・講話)
    ~子育てをイメージしておむつ交換にチャレンジ
  • 先輩ママ・赤ちゃんとの交流会
    ~実際の子育てについて聞いてみよう

4回目

  • ママと赤ちゃんの歯の健康(講話)
    ~お手入れを学んでむし歯予防を
  • 妊娠中の栄養と食事(2)(講話・バランス弁当試食)
    ~体重コントロールのポイント

費用

4回目のみ お弁当代500円

申込み

各コース1回目の1か月前から前日までに、市役所健康推進課(電話 011-372-3311)にお申込みください。

持ち物

母子健康手帳、筆記用具
*1回目は妊婦体操をしますので、動きやすい服装(ズボンなど)でお越しください。

その他

日程・内容は、やむを得ず変更になる場合があります。
参加される妊娠週数は問いません。体調に合わせてご参加ください。
令和3年度もマタニティスクールの実施を予定しております。
 

マタニティスクール両親コース

マタニティスクールとは別に、年4回、両親コースを実施しています。お腹の赤ちゃんと会う前に、妊娠や育児について学んでみませんか? お父さんとお母さんのチームワークづくりに、ぜひお二人でご参加ください。

PDF令和2年度(2020年度)マタニティスクール両親コースちらし (274.7KB)

*市役所健康推進課(電話 011-372-3311)に申し込んでください。
 

令和2年度(2020年度)の日程

開催日

令和2年(2020年)6月6日(土)・9月12日(土)・12月12日(土)・令和3年(2021年)3月13日(土)
 

申込み

開催日の1か月前から前日までに健康推進課へお申し込みください。

時間

10時00分~12時30分(受付9時30分~)

定員

先着15組

会場

保健センター(市役所1階)

内容

  • 赤ちゃんのお風呂(実習)
  • お父さんの妊婦体験
  • 先輩パパ、ママの子育て体験談(予定)
  • 赤ちゃんの着替え・おむつ替え(実習)

持ち物

母子健康手帳、筆記用具、エプロン(お風呂の実習で使います)

その他

ご夫婦どちらかの参加でも結構です。日程・内容は、やむを得ず変更になる場合があります。
令和3年度もマタニティスクール両親コースの実施を予定しております。
 

マタニティスクールクラス会

マタニティスクールの参加者が出産後に再会する機会をつくり、育児の仲間づくりを勧めています。
地域子育て支援センターの保育士が、手遊びやうた、おもちゃなどの指導を行い、近況を語り合い、育児不安の解消、母子関係の確立を図っています。
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

問い合わせ先

保健福祉部 健康推進課
電話:011-372-3311(代表)
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る