ここからメインメニュー

サイト内共通メニューここまで

北広島市子育てサイト ここから本文です。

現在のページ

出産費用も医療費控除の対象になります

医療費控除の対象は?

所得税を納めている本人が支払った1年間(1月1日~12月31日)の医療費が10万円(所得が200万円未満の場合は、所得金額の5%)を超える金額です。

※出産育児一時金や妊婦健診費の助成金などの補てん金は、掛かった医療費から差し引いて計算します。
 

医療費として認められるのは?

医療費控除の申告のためには、領収書やレシートを保管しておく必要があります。

認められるもの

  • 妊娠中の定期検診
  • 不妊治療費や人工授精費の費用
  • 分娩費用や入院費
  • 健診や通院の交通費
  • 赤ちゃんの健診・入院費

認められないもの

  • 市販の妊娠検査薬代
  • 自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代
  • 里帰り出産のための帰省費用
  • 紙おむつ・ミルクなどの費用
 

こんな場合はどうなるの?

領収書が出ない電車やバス代は、どう証明するの?

領収書が出ない場合は、いつ、どこの病院へ行くために、どんな交通手段を使い、いくら掛かったのかを書いたメモで大丈夫です。申告のときに一緒に提出してください。

定期健診と出産の時期が年をまたいだときは、医療費をまとめて申告できるの?

所得税の計算は年ごとに行います。年をまたいで受診した場合は、年ごとに分けてください。

問い合わせ先

総務部 税務課
電話:011-372-3311(代表)
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る