ここからメインメニュー

サイト内共通メニューここまで

北広島市子育てサイト ここから本文です。

児童手当

【お知らせ】
※マイナンバー制度導入に伴い、平成28年1月1日から児童手当の申請等にマイナンバーの記入及び本人確認が必要となりました。マイナンバーの記載が必要な書類は下記の通りです。

 
マイナンバーの記載が必要な書類
児童手当認定請求書 請求者と配偶者等のマイナンバー
別居監護申立書 請求者と別居しているお子さんのマイナンバー
個人番号変更等申出書 登録されているマイナンバーが変更となった場合、受給者が離婚、または再婚して配偶者等の状況に変更があった場合は届出が必要です。

PDF児童手当リーフレット (77.6KB)

制度の概要

 次代を担う児童の健やかな成長に資することを目的に、中学校修了前の児童を養育している父母などに手当を支給する制度です。

支給対象

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方

その他手当の支給における原則

  • 児童が日本国内に住んでいる場合に支給します(留学のために海外に住んでいて一定の要件を満たす場合は支給対象になります)。
  • 父母が離婚協議中などにより別居している場合は、児童と同居している方に優先的に支給される場合があります。
  • 児童福祉施設などに入所している児童、里親に委託されている児童(2ヶ月以内の期間を定めた入所・委託および一時保護の場合を除く。)の手当は、施設の設置者・里親に支給します。
  • 公務員は、勤務先から支給されます(勤務先で手続きをしてください)。
 

支給額(月額)

児童手当の区分ごとの支給額(月額)
区分 所得制限未満の受給者 所得制限以上の受給者
0~3歳未満 15,000円 5,000円(特例給付)
3歳~小学6年 第1子・第2子 10,000円
第3子以降 15,000円
5,000円(特例給付)
中学生 10,000円 5,000円(特例給付)

※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。

所得制限

児童手当の所得制限
扶養親族等の数 所得制限限度額 収入額の目安
0人 6,220,000円 8,333,000円
1人 6,600,000円 8,756,000円
2人 6,980,000円 9,178,000円
3人 7,360,000円 9,600,000円
4人 7,740,000円 10,021,000円
5人 8,120,000円 10,421,000円

※受給者が施設、里親の場合、所得制限は適用されません。
※所得制限は所得の高い方が対象です。世帯の合算した所得ではありません。

支給時期

児童手当の支給時期
支給日 内訳
6月10日 2・3・4・5月分
10月10日 6・7・8・9月分
2月10日 10・11・12・1月分

※支給月の10日が土・日曜、祝日の場合はその前日に支給します。

はじめに行うこと

 お子さんが生まれたり、他の市区町村から北広島市へ転入したときは、「認定請求書」を提出(申請)することが必要です。(公務員の場合は勤務先へ申請してください。)手続きが遅れますと、遅れた月分の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。


「認定請求書」を提出し、市区町村等の認定を受けなければ、児童手当を受ける権利が発生しません。児童手当は、認定請求をした月の翌月分から支給事由の消滅する月分まで支給されます。


【15日特例】
 児童手当等は、原則、申請した月の翌月分からの支給となりますが、出生日や転入した日(転入予定日)が月末に近い場合、申請日が翌月になっても出生日や転入した日(転入予定日)の翌日から15日以内に認定請求すると、申請月分から支給されます。


 <認定請求に必要なもの>

  • 印鑑(ゴム印を除く)
  • 健康保険証の写しか、年金加入証明書
    ※請求者が被用者(サラリーマンなど)の場合に必要です。
  • 金融機関の口座情報がわかるもの(請求者本人のもの)
  • 請求者と配偶者等のマイナンバーが分かるもの(個人番号カード以外の場合は別途、本人確認書類が必要)
  • その他
    認定請求に必要なもの(その他の場合)
    単身赴任などで児童と別居している場合 別居監護申立書
    別居しているお子さんのマイナンバーが分かるもの
    離婚協議中など 同居父母申立書
    離婚協議中であることを明らかにできる書類

<申請先>
 子ども家庭課か各出張所窓口

現況届について(毎年6月に提出)

 「現況届」とは、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件(児童の監督や保護、生計関係や所得額等)を満たしているかどうかを確認するための書類です。
 現況届の提出に必要な書類は6月上旬にお送りしますので、案内をよくお読みいただき、必要な書類を添えて、6月末日までに提出してください。

 ※「現況届」の提出がない場合、6月分以降の手当を受給することができなくなります。忘れずに提出してください。

 【現況届に必要な添付書類など】

  • 請求者が被用者(サラリーマンなど)の場合
    ⇒健康保険証(受給者本人のもの)のコピーか年金加入証明書(勤務先から証明を受ける必要があります)。
  • 住民票上、児童と別居している場合
    ⇒別居監護申立書
6月分以降の児童手当等を受けるには現況届が必要です。
提出がない場合には、6月分以降の手当が受けられなくなります。
なお、2年間現況届を提出しない場合、未払いの手当は時効となりますのでご注意ください。

こんな時は届け出が必要です

  1. ほかの市区町村に住所が変わるとき
    北広島市での児童手当の受給資格が消滅します。北広島市に「PDF受給事由消滅届 (9.4KB)」を提出してください。
    また、転出先の市区町村で、事由の発生した15日以内に「PDF認定請求書 (57.4KB)」を提出してください。手続きが遅れますと、遅れた月分の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。
  2. 手当の額が増額するとき
    出生などで対象児童の数が増えたときは、事由の発生した15日以内に「PDF額改定請求書 (16.5KB)」を提出してください。
    額改定請求をした日の翌月分から手当の額が増額します。
    手続きが遅れますと、遅れた月分の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。
  3. 手当の額が減額するとき
    児童を養育しなくなったなど、対象児童が減ったときは「PDF額改定届 (16.5KB)」を提出してください。
  4. 手当の支給が終わるとき
    児童が養育しなくなったなど、対象児童がいなくなったときは「PDF受給事由消滅届 (9.4KB)」を提出してください。
  5. 児童が児童福祉施設などに(を)入(退)所するとき
    児童が児童福祉施設に入所している場合などは、手当は施設設置者に支給されます。
    PDF額改定届 (16.5KB)」または「PDF受給事由消滅届 (9.4KB)」を提出してください。
  6. 受給者が公務員になったとき、公務員でなくなったとき
    公務員は勤務先から手当が支給されます。
    公務員になったときは、北広島市に「PDF受給事由消滅届 (9.4KB)」を、勤務先に認定請求書を提出してください。
    公務員でなくなったときは、退職された日の翌日から15日以内に北広島市へ「PDF認定請求書 (57.4KB)」を申請してください。
  7. 未成年後見人や父母指定者でなくなったとき
    PDF受給事由消滅届 (9.4KB)」を提出してください。
  8. 海外留学の期間が3年を超えたとき、日本に戻ったとき
    海外留学をしている場合、手当を受給できる期間は、住所を海外に移してから3年以内に限られます。
    3年を経過したときは「PDF受給事由消滅届 (9.4KB)」を、日本に戻ったときは「住所変更届」を提出してください。
  9. 受給者や児童の名前が変わったとき、市内転居したとき
    「氏名・住所変更届」を提出してください。
  10. 受給者、配偶者等及び児童の個人番号が変更されたとき
    離婚・婚姻等により世帯状況が変わったときは「PDF個人番号変更等申出書 (6.4KB)」を提出してください。
  11. 児童手当の振込先口座を変更するとき
    「金融機関変更届」を提出してください。
    ※児童手当の受給者以外名義口座(配偶者や児童の名義の口座)に変更することはできません。

各種申請書・届出書のダウンロード

各種申請書・届出書のダウンロード
提出を必要とするとき 申請書・届出書ダウンロード
新たに受給資格が生じた PDF認定請求書 (57.4KB)
出生などで対象児童が増えた PDF額改定請求書 (16.5KB)
ほかの市区町村に住所が変わった
施設入所などで対象児童がいなくなった
受給者が公務員になった
PDF受給事由消滅届 (9.4KB)
施設入所などで対象児童が減った PDF額改定届 (16.5KB)
離婚・婚姻などにより配偶者等の状況が変更になった PDF個人番号変更等申出書 (6.4KB)
児童と別居している PDF別居監護申立書 (6.1KB)
厚生年金に加入しているが、健康保険証の種類が国民健康保険組合の方(勤務先で証明を受けてください。) PDF年金加入証明書 (8.8KB)

児童手当の寄付について

 申し出により当該児童手当の全部または一部を市に寄付することができる制度があります。
 寄付していただいた児童手当は、次代を担う児童の健やかな育ちを支援するために使用させていただきます。

Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

問い合わせ先

子育て支援部 子ども家庭課
電話:011-372-3311 内線2216
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る