ここからサイト内共通メニュー

ここから本文です。

印刷する

【令和5年1月から】軽自動車OSSと軽JNKSが始まります。

軽自動車ワンストップサービス(軽自動車OSS)について

軽自動車ワンストップサービス(軽自動車OSS)とは、軽自動車を新車購入するときに必要な各種手続(検査の申請・手数料や税金の申告・納付)を、パソコンからオンラインでいつでも行うことができるサービスです。

軽自動車OSSの注意点について

  • 軽自動車OSSの対象となるのは、新車購入時の手続のみです。
  • 四輪及び三輪の軽自動車が対象です。原動機付自転車、二輪の軽自動車及び小型自動車、小型特殊自動車は対象外です。
  • スマートフォン、タブレットからの申請はできません。

軽自動車OSSについての詳細は「PDF軽自動車OSSリーフレット (343.0KB)」もご覧ください。

軽自動車税納付確認システム(軽JNKS)について

軽自動車税納付確認システム(軽JNKS)とは、市区町村が軽自動車税(種別割)納税者の納税情報を軽JNKSにアップロードすることにより、軽自動車検査協会が納付状況をオンラインで確認できるようになる仕組みのことです。この軽JNKSにより、令和5年度1月から、継続検査窓口での納税証明書の提示が原則不要になりました。
軽JNKSは三輪以上の軽自動車が対象となりますので、二輪の車両は引き続き、これまでの納税証明書が必要になります。

軽JNKSで納付情報が確認できるまで

軽自動車税(種別割)の納付方法によっては、納付情報が軽JNKSに登録されるまで日数を要する場合があります(最大2週間程度)。車検をお急ぎの場合は、早めのご納付をお願いします。

納付からすぐに車検を受ける必要がある場合は、以下の方法で納税証明書を取得してください。

市役所窓口や各出張所、指定金融機関、コンビニで納付する場合

納付書に添付されている納税証明書(領収印があるもの)をご利用ください。

クレジットカードや電子決済、ATMで納付する場合

市役所税務課窓口(各出張所でも可)で納税証明書の発行手続を行ってください。

口座振替により納付する場合

引き落としが確認できる「記帳済みの通帳」をご持参いただき、市役所税務課窓口(各出張所でも可)で納税証明書の発行手続を行ってください。

軽JNKSで納税証明書が出せない場合について

次のような場合は軽JNKSによる納付確認ができず、紙の納税証明書が必要となります。
  • 納付したばかりで軽JNKSに反映されていない場合
  • 中古車の購入直後の場合
  • 他の市区町村へ引っ越した直後の場合
  • 対象車両に過去の未納がある場合(納税義務者が変わっても、前納税義務者が税金を納めていなかった場合、軽JNKSで納税の証明ができません)

軽JNKSの詳細については、「PDF軽JNKSリーフレット (511.3KB)」をご覧ください。

外部リンク

詳しい内容については、地方税共同機構のページ「軽OSSと軽JNKSについて」もご覧ください。
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

総務部 税務課
電話:011-372-3311(代表)

広告欄

この広告は、広告主の責任において北広島市が掲載しているものです。
広告およびそのリンク先のホームページの内容について、北広島市が推奨等をするものではありません。

  • バナー広告募集中 詳しくはこちらから

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る