ここからサイト内共通メニュー

ここから本文です。

印刷する

在宅酸素療法時の火気の取り扱いにご注意ください!

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、在宅酸素療法を行う自宅療養者が増加しています。
酸素は、燃焼を助ける性質が強いガスであり、火を近づけると大変危険です。
酸素濃縮装置、液化酸素及び酸素ボンベ使用中に、喫煙等の火気使用が原因と考えられる火災が発生していることから、火気の取り扱いにはご注意ください。

在宅酸素療法時の注意点

  1. 高濃度の酸素を吸入中に、たばこ等の火気に近づけるとチューブや衣類等に着火し、重度の火傷や住宅火災の原因となります。
  2. 酸素濃縮装置等の使用中は、装置の周囲2メートル以内には、火気を置かないでください。特に酸素吸入中には、たばこを絶対に吸わないでください。
  3. 火気の取り扱いに注意し、取り扱い説明書どおりに正しく使用すれば、酸素が原因でチューブや衣類等が燃えたり、火災になることはありませんので、過度に恐れることなく、医師の指示通りに酸素を吸入してください。

啓発パンフレットPDF「在宅酸素療法時の火気の取り扱いにご注意ください」 (310.4KB)
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

消防本部 予防課
電話:011-373-9119

広告欄

この広告は、広告主の責任において北広島市が掲載しているものです。
広告およびそのリンク先のホームページの内容について、北広島市が推奨等をするものではありません。

  • バナー広告募集中 詳しくはこちらから

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る