北広島市ホームページ ここから本文です。

市長からのメッセージ~新年のご挨拶


 明けましておめでとうございます。
 市民の皆さまにおかれましては、新春を健やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。

 旧年中は、市政の推進に深いご理解と温かいご支援をいただき、心から感謝申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、昨年2月には北海道による緊急事態宣言、4月には国において北海道を含む全ての都道府県に緊急事態宣言が出されました。
 これにより、子どもたちの学びに影響を与え、市民の皆さまの暮らしや事業を営む皆さまの活動が大きく制約されるなど、これまでに経験したことのない困難に直面したところであります。
 いまだ先行きが見通せない厳しい状況が続いておりますが、感染拡大を防ぎ、市民の皆さまの生命と健康を守ることを最優先に考え、市民生活の安定と経済活動の回復に向けた取り組みを進めてまいります。
 医療従事者の皆さまにおかれましては、大変厳しい環境の中、感染症対応に真摯に向き合っていただいておりますことに感謝申し上げます。

 北海道日本ハムファイターズのボールパーク構想につきましては、市民の皆さまや未来を担う子どもたちに夢や希望などを与えるものだと考えております。また、人口減少や少子高齢化が進む時代において、将来のまちづくりに大きく寄与する究極の地方創生であると確信をしているところであります。
 新たな価値の創造、そして誇りとなる魅力あふれる場所となるよう、市民の皆さまと一緒に作り上げてまいります。

 令和5年の開業に向けた建設工事が昨年4月に開始されました。現場では、着々と進むスタジアム建設の様子や北海道ボールパークFビレッジの壮大さを感じていただけることと思います。工事期間中は、皆さまには何かとご不便をお掛けしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 JR北広島駅周辺の土地利用にも着手しております。駅西口周辺エリアにつきましては、未利用の市有地が残されております。ボールパークへのアクセス機能整備と併せて、駅を中心とした都市機能の充実や、にぎわいある駅前の顔づくりを市の財政負担の軽減を含め、民間活力を最大限に生かして進めてまいります。

 現在、本年4月からスタートする北広島市総合計画(第6次)を多くの市民の皆さまに参加いただき作成しているところであります。本市は、昭和45年度に広島町総合開発計画を作成して以来、「自然と創造の調和した豊かな都市」をテーマに掲げまちづくりを進めております。このテーマを継承し、「豊かな自然」、「利便性の高い都市機能」、「交通の要衝」などといった当市の個性を生かし、快適な生活環境の形成に努めるとともに、将来にわたって着実に成長する魅力あるまちづくりを進めてまいります。

 今年は、明治17年に一村創建を目指した和田郁次郎翁ら広島県人25戸103人によって開拓の鍬がおろされてから、137年目を迎えます。
 多くの先人たちが原始の森に果敢に挑み、開拓の鍬をふるい、度重なる冷害や水害、また、厳しい冬の寒さなど、幾多の試練や困難に耐えて、今日の北広島市の発展の礎を築いてこられました。
 私も、先人たちの偉業に改めて感謝と敬意を表し、その挑戦する意志を受け継ぎ、しっかりとまちづくりを進めてまいります。

 結びとなりますが、新型コロナウイルス感染症が一日も早く終息し、市民生活が元の状態に戻ることを切に願うものであります。
 本年が市民の皆さまにとりまして、幸多い年となりますよう心からお祈り申し上げ、新年のあいさつといたします。
令和3年(2021年)1月1日 北広島市長 上野 正三

問い合わせ先

総務部 秘書課
電話:011-372-3311(代表)

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
代表電話:011-372-3311 ファクシミリ:011-373-2903 法人番号:4000020012343
【一般的な業務時間】8時45分~17時15分(土日祝日及び12月29日~1月3日は休み)
市役所庁舎のご案内