ここからサイト内共通メニュー

ここから本文です。

印刷する

新型コロナウイルス感染症の影響による法人市民税等の申告・納付等の個別期限延長について

期限の個別延長について

新型コロナウイルス感染症に関して、例えば法人の役員や経理担当職員等の感染や外出自粛により決算作業などが間に合わないなど自己の責めに帰さない理由により、本来の期限までに申告・納付等を行うことが困難な場合には、申請していただくことにより期限の個別延長が認められます。

対象税目について

対象税目は、法人市民税及び市たばこ税そして入湯税が該当します。

期限延長の手続きについて

申告・納付等を行うことができないやむを得ない理由がやんだ日から、法人市民税・市たばこ税は2か月以内、入湯税は30日以内の日を指定して期限が延長されることになります。
つきましては、申告書等を作成・提出することが可能となった時点で、次の方法で申告を行ってください。

申告方法

  • 申告書等の右上の余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載のうえ申告していただくことにより、延長の申請書が提出されたものとして取り扱います。
  • 法人市民税で電子申告を利用される場合には、申告書の法人名称又は所在地の欄に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力のうえ申告してください。
※これらの申告に係る期限延長申請のみを事前にしていただく必要はありません。

お問い合わせ先

財務部 税務課
電話:011-372-3311(代表)

広告欄

この広告は、広告主の責任において北広島市が掲載しているものです。
広告およびそのリンク先のホームページの内容について、北広島市が推奨等をするものではありません。

  • バナー広告募集中 詳しくはこちらから

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る