北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. 市役所ご案内
  3. 市長室からこんにちは
  4. 市長・副市長からのメッセージ
  5. 市長からのメッセージ~朝のスピーチを行いました

市長からのメッセージ~朝のスピーチを行いました

職員がまちづくりに対する思いや仕事に対する思い、職員として大切にしていることなどを自らの言葉で伝え、職員へ共有する取り組みとして朝のスピーチを行っています。
令和2年(2020年)4月13日(水)、私から市民の皆さん、職員の皆さんへ向けてメッセージを送りました。

市長写真

みなさん、おはようございます。市長の上野正三です。
まず始めに、世界各地で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症については、北海道内においても4月12日までに267名の患者が確認されております。
新型コロナウイルスに感染された方々の一日も早い回復をお祈り申し上げますとともに、一刻も早い収束を願うところです。

令和2年度がスタートし、2週間が経過しました。
今年度は当市にとりまして大きな節目の年であり、様々なことが予定されております。

1つ目は、第5次総合計画、目指す都市像「希望都市」「交流都市」「成長都市」の実現に向けて総仕上げの年です。

2つ目は、令和3年から始まる新たなまちづくりの指針となり第6次総合計画の策定、これに連動するそれぞれの個別計画の策定年であります。

3つ目は、平成30年北海道胆振東部地震で甚大な被害を受けた大曲並木地区の復旧復興の年であります。

4つ目は、平成30年度に決定したボールパーク構想の実現に向けて本格工事着手の年であります。

この構想は市民の皆様に夢と希望などを与えてくれ、将来の安定した行財政の運営等まちづくりに大きく貢献してくれるものであり、究極の地方創成であると考えています。
決定以降、職員の皆さんにおいては、道路等の調査設計、用地買収、粗造成等大変ご苦労いただき感謝申し上げます。

本日4月13日12時からいよいよ日本ハム新球場「エスコン フィールド HOKKAIDO」の起工式が行われます。完成は3年後の2023年です。

さて、ボールパーク構想の推進をスポーツに例えると皆さんもよくご存知の1月2日、3日に開催される大学駅伝ではないかと考えております。
東京大手町をスタート、5区間107.5キロメートル、5区アンカーは小田原から標高差864メートルの箱根の山登り、そしてゴール芦ノ湖と大変過酷な駅伝大会です。

「エスコン フィールド HOKKAIDO」の完成は3年後2023年ですので、駅伝でいうと現在は2区鶴見から3区戸塚中継所でタスキが引き継がれたところではないでしょうか。

ゴールまではまだ時間がかかります。また、様々な課題等が出てくるものと思いますが、一つ一つ解決していかなければならないものと思っています。

このようなプロジェクト「世界がまだ見ぬボールパーク」づくりにかかわることができるのは北広島市職員だからです。この縁を誇りに職員皆さんの英知を結集することで様々な課題を乗り越えることができるものと確信をしております。

戦国武将武田信玄の言葉に次のような言葉があります。
「為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人の儚き」
みなさん、今年度も1年間市民の皆様のために頑張りましょう。
 

問い合わせ先

総務部 秘書課
電話:011-372-3311(代表)

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分