北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. 健康・医療
  4. 新型コロナウイルス関係
  5. 感染症対策・予防・相談
  6. 【新型コロナウイルス感染症】防ごう感染症

【新型コロナウイルス感染症】防ごう感染症

現在の状況(令和4年(2022年)5月20日更新)

  • 全道の新規感染者数は、ゴールデンウィークにおける医療機関の休診による影響などにより増加が続いていましたが、先週比では減少となっています。年代別では、30代以下が依然として約7割を占めています。
  • 飲食の場面に伴う感染事例が多く確認されているほか、学校、保育園や幼稚園、家庭内など様々な場面で感染が確認されています。
  • 感染性がより高いとされているBA.2系統については、国の専門家によると全国でBA.2系統へ概ね置き換わったとされています。道内においても検出率が8割を超えており、全国と同様の状況に近づいています。
「まん延防止等重点措置」等は適用されていませんが、全道の感染者数が3,000人を超える日もあり、感染経路が不明なケースが5割を超えるなど、今後も市中での感染に注意する必要があります。混雑している場所や感染リスクの高い場所をできるだけ避けるなど、引き続き、以下の感染症対策の徹底をお願いします。

北海道からのお願い

PDF特にゴールデンウィークにおける3つの行動のお願い (131.2KB)
 

感染症対策を徹底しましょう

換気を良くして三密を避けましょう

室内では窓を開けて定期的に換気をし、やむを得ず外出するときは混雑する時間や場所を避けてください。

いつでもマスク、手洗い・消毒を忘れずに

マスク(不織布マスクを推奨)は感染リスクを下げる効果があります。ワクチンを接種済みの方も、他人への感染をどの程度予防できるかまだ分かっていないため、引き続きマスクを着用しましょう。
帰宅時や食事の前は手を洗い、消毒をしましょう。洗っていない手で目や口などを触らないでください。

飲食時の会話はやめ、「黙食」を徹底する

できる限り同居していない方との飲食は控えましょう。食事は短時間で会話の時はマスクを着用してください。
 

感染が高まる「5つの場面」に気をつけましょう

飲酒を伴う懇親会

注意力が失われ、大きな声になる傾向があります。

大人数や長時間の飲食

飛沫が飛びやすくなり、感染リスクが高まります。

マスクなしでの会話

会話するときは必ずマスクを着用してください。

狭い空間での共同生活

寮の部屋やトイレなどの共用部分にも感染のリスクがあります。複数の人が共有する空間は特に注意しましょう。

居場所の切り替わり

仕事の後や休憩時間、更衣室、喫煙所など居場所が切り替わると気がゆるみ感染リスクが高まります。

 

北海道から「春の感染拡大防止に向けた道民の皆様へのお願い」です

期間 令和4年(2022年)4月18日(月)から

特別対策の詳細は下記のページをご覧ください。  

感染症に関する「共同メッセージ」が発出されました

道では札幌市内におけるゴールデンウイーク特別対策に取り組むとともに、ゴールデンウイーク期間における全道での感染防止行動の徹底について協力を要請しています。
このことについて、石狩振興局管内の皆様へ、より一層の周知・理解を図るため、令和3年(2021年)4月28日(水)付で、石狩振興局長と各市町村長の共同メッセージが発出されました。

PDF石狩振興局管内の皆さまへ (732.9KB)(出典:石狩振興局ホームページ)
 

感染を予防する「新しい生活様式」を実践しましょう

新型コロナウイルスを含む感染症対策の基本は、1「身体的距離の確保」、2「マスクの着用を含む咳エチケット」、3「手洗い」です。長丁場に備え、一人ひとりが感染を予防する「新しい生活様式」の実践をお願いします。

また、発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。(毎日、体温を測定して記録してください。)

新しい生活様式における熱中症予防行動のポイント

新しい生活様式を実践していくうえで、次のような熱中症予防行動を心がけましょう。
  • 暑さを避けましょう
  • 適宜マスクをはずしましょう
  • こまめに水分補給しましょう
  • 日頃から健康管理をしましょう
  • 暑さに備えた体作りをしましょう
詳しくは、以下のページをご覧ください。

熱中症に注意してください(市ホームページ)

身体的距離の確保

人との間隔はできるだけ2メートル(最低1メートル)空けましょう。また、遊びにいくなら屋内より屋外を選び、会話する際は可能な限り真正面を避けましょう。
お互いに手を伸ばしても届かない距離を保つ「北海道ソーシャルディスタンシング」が道民運動として展開されています。個人における日常生活での実践、公共施設(道、国、市町村)や民間施設(企業、団体)における環境整備など、取組へのご協力をお願いします。

北海道ホームページ(新型コロナウイルス感染拡大防止運動「北海道ソーシャルディスタンシング」について)※施設掲示用のチラシなどのダウンロードができます。

手洗い

ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。
外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。


PDF手洗いについて(出典:首相官邸ホームページ) (886.5KB)

咳エチケット

くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれません。次のような咳エチケットを心がけましょう。

手で触れる共有部分の消毒

物に付着したウイルスはしばらく生存します。手でよく触れるところ(手すり、ドアノブ、テーブルなど)を消毒しましょう。

食毒液は、消毒用アルコールや次亜塩素酸ナトリウム(0.05パーセント)を用い、雑巾で拭き作業を行います。

<次亜塩素酸ナトリウム(0.05パーセント)を使用するときの注意事項>

3つの密を避けましょう

集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。


PDF3つの密を避けましょう!(出典:首相官邸ホームページ) (1.2MB)

感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫

令和2年(2020年)10月23日(金)に、国の新型コロナウイルス感染症対策分科会から政府へ提言があり、クラスターの発生が多くみられている飲酒を伴う会食について「感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫」が取りまとめられました。クラスターを発生させないため、感染防止対策の徹底をお願いします。

寒冷な場面における新型コロナ感染防止等のポイント

令和2年(2020年)11月11日(水)に内閣官房から、寒冷な場面における新型コロナ感染防止等のポイントについて別添のとおり通知がありましたので、参考していただき、感染防止対策を行っていただきますようお願いします。

業務ごとの感染拡大予防ガイドライン

業務ごとの感染拡大予防ガイドラインをまとめています。

PDF業務ごとの感染拡大予防ガイドライン一覧(内閣官房ホームページ) (450.9KB)
 

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合

ご家庭に新型コロナウイルス感染が疑われる場合に、家庭内でご注意いただきたいことのポイントをまとめています。


PDFご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 家庭内でご注意いただいたいこと~8つのポイント~(出典:厚生労働省ホームページ) (954.3KB)

妊婦の方々へ

【新型コロナウイルス感染症】妊婦の皆様へ(北広島市子育てサイト)をご覧ください。

 

電話を利用した診察や処方箋の発行について

このたび、厚生労働省の新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための対策として、すでに診断されている高血圧などの慢性疾患があり、かかりつけ医が必要と認められた場合には、電話や情報通信機器を使って自宅から医師の診察を受けられるようになり、患者さんが希望する薬局からお薬を受け取ることができます。

ご希望される方は、まずは「かかりつけ医」にご相談くださいますようお願いいたします。

まずはご自身のかかりつけ医にご相談ください
  1. 本人から、かかりつけ医に相談
  2. かかりつけ医は、必要に応じて電話や情報通信機器を用いて診察
  3. かかりつけ医から、薬局へ処方箋をFAX送信
  4. 薬局は、FAXで処方箋を受付、調剤
  5. 薬局から本人へ、薬の料金や受け取り方等を相談
  6. 本人は薬局から薬を受け取り、料金を支払う
※各医療機関及び薬局によって、対応が異なる場合があります。「かかりつけ医」または「かかりつけ薬局」の指示に従ってください。
 

自宅でできる健康づくり

新型コロナウイルスの流行による外出自粛に伴い、身体や心の元気がなくなっていませんか?
自宅で取り組むことができる運動、食事、人との交流などについてポイントをまとめたガイドを作成しました。

PDF自宅でできる健康づくりガイド (2.4MB)
 

関連情報

Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

問い合わせ先

保健福祉部 健康推進課
電話:011-372-3311(代表)

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
代表電話:011-372-3311 ファクシミリ:011-373-2903 法人番号:4000020012343
【一般的な業務時間】8時45分~17時15分(土日祝日及び12月29日~1月3日は休み)
市役所庁舎のご案内