北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. 住まい・引越
  4. 大規模盛土造成地マップについて

大規模盛土造成地マップについて

大規模盛土造成地マップ

北広島市における大規模盛土造成地マップを公表しています。
 

はじめに

阪神・淡路大震災、新潟県中越沖地震などの大規模な地震発生時に、大規模に盛土造成された宅地で地滑り(滑動崩落)が起こり多数の被害が発生しました。
国においては、このような被害を未然に防止・軽減し宅地の安全性を確保するため、平成18年に宅地造成等規制法により、宅地耐震化推進事業が創設されました。
北広島市においても、「宅地耐震化推進事業」の取組として、大規模盛土造成地の抽出を行い、大規模盛土造成地マップを作成しました。
 

大規模盛土造成地マップについて

大規模盛土造成地が身近に存在することを知っていただき、市民の皆様の防災意識を高めていただくことを目的としています。
 

大規模盛土造成地とは

大規模盛土造成地には、下図のように「谷埋め型」と「腹付け型」の2つのタイプがあります。

盛土の面積が3,000平方メートル以上である谷埋め型大規模盛土造成地の図と盛土する前の地盤面の水平面に対する角度が20度以上で、かつ、盛土の高さが5メートル以上である腹付け型大規模盛土造成地の図
(国土交通省HP「大規模盛土造成地の滑動崩落について」より引用)

滑動崩落とは

滑動崩落とは、地震時に宅地造成前の谷底付近や盛土内部を滑り面として、盛土造成地の全体または大部分が斜面下部方向に移動することです。

滑動崩落発生メカニズムの図
 
(国土交通省「宅地耐震化の取組に関するパンフレット」より引用)
 

大規模盛土造成地の調査方法について

造成前と造成後の地形データ(現況図、航空写真)を重ね合わせ、その標高差や地形情報から大規模盛土造成地を抽出しました。しかし、過去の地形データは現在に比べて精度が低く、また、重ね合わせ時にも多少の誤差が生じることから、調査結果は垂直方向に1~2メートル程度の誤差を含む可能性があります。そのため、抽出された大規模盛土造成地は、概ねの位置と規模を表したものとなっています。

造成前後の地形データの重ね合わせよる盛土造成地の位置把握の図
(国土交通省「大規模盛土造成地の変動予測調査ガイドラインの解説」より引用)
 

北広島市大規模盛土造成地マップ

※大規模盛土造成地マップは、大規模盛土造成地の概ねの位置と規模を示したものとなっています。
 

大規模盛土造成地に関するQ&A

大規模盛土造成地マップについての詳細は、「大規模盛土造成地マップに関するQ&A」をご覧ください。  

宅地防災に関するリンク先

宅地耐震化推進事業について

 

宅地の防災について

Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

問い合わせ先

企画財政部 都市計画課
電話:011-372-3311(代表)

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分