ここからサイト内共通メニュー

ここから本文です。

印刷する

インフルエンザに注意しましょう

北海道では、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)第14条に基づき、発生動向調査を実施しています。令和6年(2024年)第6週(令和6年2月5日(月)から令和6年2月11日(日))において、千歳保健所管内の定点医療機関あたりの患者報告数が、警報の基準を超える47.25人となり、インフルエンザ警報が発令されています。インフルエンザの感染拡大を防ぐため、市民の皆様におかれましては、より一層の予防対策に努めていただきますようお願いします。
インフルエンザの注意報・警報とは
  • 注意報:1定点医療機関あたりの受診患者数が一週間で10人以上となった場合
  • 警報:1定点医療機関あたりの受診患者数が一週間で30人以上となった場合
リーフレット
PDFインフルエンザは一人ひとりの予防が大切です(北海道作成) (691.1KB)

インフルエンザの感染拡大を防ぐための対策

  • できるだけ人混みを避け、外出から帰ったら必ず手洗い等をしましょう。
  • 十分な栄養と睡眠を心がけ、人にうつさないためにも、発熱や咳等の症状が出た場合は、マスク(不織布マスクを推奨)の着用や咳エチケットに気をつけましょう。
  • 適切な湿度(50パーセントから60パーセント)を保ちましょう。
  • こまめに換気をしましょう。

関連情報(リンク)

インフルエンザについて
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

保健福祉部 健康推進課
電話:372-3311(代表)

広告欄

この広告は、広告主の責任において北広島市が掲載しているものです。
広告およびそのリンク先のホームページの内容について、北広島市が推奨等をするものではありません。

  • バナー広告募集中 詳しくはこちらから

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る